FASHION REVOLUTION DAY 2019

レポート:トークセッション 「NEUT Magazine×FASHION REVOLUTION」


mainimage

 

4/24(水)、渋谷のTRUNK (HOTEL) にて「Fashion Revolution Day 2019」が開催されました。

昼の部では、環境省と豊島(株)、VOGUE JAPANとケリング・グループ、H&Mと(株)ストライプインターナショナル、特定非営利法人ゼロ・ウェイストアカデミーとパタゴニア日本支社によるトークセッションの4部構成。

夜の部では若者に人気のウェブマガジン・NEUT Magazineによるトークセッションと、ファッション業界の裏側に迫ったドキュメンタリー映画「ザ・トゥルーコスト」を上映。平日にも関わらず、350名以上が参加する大盛況のイベントとなりました。

 


INDEX:

Session1「ファッションと環境のつながり」
環境省大臣官房環境計画課企画調査室長 岡野隆宏氏 × 豊島株式会社 執行役員 営業企画室 室長 溝口量久氏

Session2「トレンドメーカーとしてできること」
『VOGUE JAPAN』編集長 渡辺三津子氏 
Kering Group Operations and Technology Material Innovation Laboratory (MIL) ディレクター Cecilia TAKAYAMA氏


Session3「なぜ今サステナビリティを推進するのか?」
H&M ヘネス・アンド・ マウリッツ・ジャパン(株) CSR サステナビリティ コーディネーター 山浦誉史氏 
(株) ストライプインターナショナル SDGs 推進室長 二宮朋子氏


Session4「今日からできるサステナビリティへの一歩」
特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 理事長 坂野晶氏 
パタゴニア日本支社 ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー 篠健司氏




トークセッション「NEUT Magazine×FASHION REVOLUTION」

LEBECCA boutique ディレクター:赤澤える 氏

クリエイター/432ディレクター:TIA氏

ライター/翻訳家/マーケティングコンサルタント:タニムラリサ氏

(モデレーター)平山潤 氏 (NEUT Magazine創刊編集長)

これからの「ファッション」

全体

(左から)NEUT Magazineの平山潤氏、LEBECCA boutique ディレクターの赤澤える氏、ライター/翻訳家/マーケティングコンサルタントのタニムラリサ氏、クリエイター/432ディレクターのTIA氏            写真:森田彩花

平山:「NEUT」とは、「ニュートラル(NEUTRAL)」と「イモリ(NEWT)」の意味を掛け合わせた造語です。ニュートラルには「偏らない、排除しない」という意味があり、そんなイメージで社会課題にアプローチする記事を配信しています*1。NEUTでもファッションx社会問題をテーマにした記事を扱っていますが、「エシカル」や「サステナビリティ」という”言葉”はほとんど使ってはいません。今日は『Fashion Revolution Day』ということで、「これからのファッション」をテーマにみんなで考えていけたらな、と思っています。

 

赤澤:たしかに、「エシカル」はわかりやすく「記号的」に使われているイメージがあるな。私は『LEBECCA boutique*2』というブランドのディレクターをしていて、「ファッション」に対して誠心誠意取り組む中で、この「エシカル」という言葉に出会いました。NEUTさんとは『赤澤えると「記憶の一着」』という連載*3 でご一緒しています。

 

タニムラ:私はファッションやフェミニズムをテーマにライターしています。以前、外資系の化粧品会社でマーケティングをしていた経験もあります。今は起業準備中!

 

TIA:普段は翻訳家として活動しています。去年「ビーガン」をテーマにしたZINE(雑誌)のNECTORを製作しました。古着を取り扱ったオンラインショップ『432*4』も運営しています。

 

平山:NEUTの5月のテーマは「ファッションxゴミ」の特集*5。その流れで、TIAさんに取材したんだよね。ちなみに、みんなの今日のファッションポイントは何ですか?

 

赤澤赤澤:この服は、買い付けしていた古着の中から見つけたもの。この型から作った洋服が、LEBECCA boutiqueで最初に販売した「勝負する日のワンピース」!とっても思い入れのある服です。

 

タニムラ:今着ている古着のトップスは10年くらい着ています。中学生の時に買ったもの。私の服はどれも何年間も繰り返し着ているものばかりだな。

 

TIA:私も、ほとんど持っている服は古着!

 

平山:このトークセッションの前に、僕たちで「なんでファッションが好きか」を話していて思ったのは、ファッションは「自己表現だ」という共通認識があること。

自分自身を表現するために服を買うっていうような。普段どんな基準で服を買っています?

 

TIA:古着だったら、長く着れるものかな。ボロボロになっても味があるし、修理してリメイクしたり、今着たい感じに変える楽しさもあるから。新しいものだったら、下着を買うくらい。オーガニックのものを買うようにしているよ。

 

タニムラ:服を買うときは、まず最初に「デザイン」、その次に「値段」、「ストーリー」って感じ。最近は「この服を何年着るか」っていう基準を持っています。10年後もこの服を愛していけるか?この服にときめくか?を考える。普遍的なデザインも好きですね。

 

平山:ブランドのストーリーだけじゃなくて、届けているブランドがちゃんと買い手の生活に入り込んでいるかっていう視点も大事だよね。

 

タニムラタニムラ:正直、生産過程における「労働環境」はちゃんと見れていないかも。デザイナーの想いは特に注意して見ているな。

 

赤澤:服を買うときの「納得感」も大事ですよね。私の場合、「ときめき」を何より大切にしています。たしかに労働環境も大事だけど、まず自分が「かわいい」って思ったり、「このデザインどこにもない!」って思ったら買ってる。たとえ、そのブランドの労働環境や生産背景を調べて出てこなくても。

 

平山:なるほど。一人一人服を買うときの「基準」は違うけど、それぞれどんなブランドがこれからも残っていくと思う?

 

赤澤:ファッションは「自分の内面の一番外側」。つまり、「裏側」をちゃんと話せるブランドが選ばれていくのではないかな。最近、生産背景をちゃんと伝えるブランドもたくさん出てきたりしているし。ちゃんと話せないブランドは消えていくんじゃないかな。

 

平山:今は「エシカル」はコミュニケーションとして使われているよね。これから「服」自体がどう変化していくと思う?最近、フランスで服の廃棄を禁止する法案*6 に向けて取り組みが進んでいるよね 。今後の服の「巡り方」ってどうなるんだろう?

 

タニムラ:個人的に「リセーラビリティ(再販)」は気になってる。これからは洋服を「買う」ことがなくなって、「シェア」することが主流になると思うな。着たいときに着られるものを借りる、とか。

 

赤澤:そうだよね。どんどん服の流れが「循環」すると思う。今って、フリマアプリとかで自分から服を「売る」ことが簡単になってるもんね。他にも、販売会とか、友達に譲るとか、手放すことがもっと普通になりそう。

 

TIA:今あるものを大事に使って、いらなくなったら友達と交換(スワップ)したり、ね。

 

平山:リサたちも、今後スワップするイベント考えてるんでしょ?

 

タニムラ:考えてる!

 

平山:イケてる服がどんどん流通したら良いよね!

映画「ザ・トゥルーコスト」を観る前に、このトークの中で今日からできることを考えたいな。個人的には、「ソリューションジャーナリズム*7」という考え方に注目しています。簡単に言うと実情を伝えるだけではなく、もっと読者がアクションを取りやすいような情報を発信するジャーナリズムのこと。

 

TIATIA:そうだね。私が思う「今日からできること」は、消費者としてその購買パワーを意識をしながら、お金が与えるエネルギーを感じること。ただ表面的に購入するのではなくて、その奥を感じて買うこと、かな。

 

タニムラ:「カーボンフットプリント*8」を意識したい。服が作られて廃棄やリサイクルされていく過程で、どれくらい環境に影響を与えているのか、考えていきたいな。

たしかに、何かを変えたいときって「何かをしなきゃ!」と思うけど、本当はそうじゃなくて単純に「洋服を買わない」って言うのも、一つのソリューションだよね。洋服を買うときに、本当に自分に必要なのか考えるのも、今日からできることだと思う。

 

赤澤:これから上映される「ザ・トゥルーコスト」はファッション業界の過激なところだけを切り取っていると思っていて。この映画を観るだけで、ファッション全体の事を考えるんじゃなくて、これはその「一部」だって思ってほしい。自分自身が「今を生きている人間」として何ができるかを考えることが大切だと思うな。

 

タニムラ:白黒はっきりつけるんじゃなくて、少しずつ100%目指したいファッションに近づけると良いよね。

(文:小澤茉莉)



ーーーーーーーーーーー

 

*1:2018年10月1日に、ウェブマガジンBe inspiredが「NEUT Magazine」へリニューアル。ニュートとは「何にも偏らないさま」を意味する【NEUTRAL/ニュートラル】を省略した造語。“Make Extreme Neutral(エクストリームをニュートラルに)”を掲げ、マスメディアでは取り上げることがタブーとされるようなセックス・政治・人種の問題や、さまざまな業界で常識を覆すような新しいアイデアを提案している人、アクティビストなどの、世間で<エクストリーム>だと思われるようなトピック・人に光を当てている。より多くの人に「先入観に縛られない<ニュートラル>な視点」を届けていくメディアとして活動。

(NEUT:http://neutmagazine.com/

 

*2:赤澤える氏がディレクターを務める、オリジナルアイテムと古着を展開するアパレルブランド。

(LEBECCA boutique:https://lebecca-boutique.com/

 

*3:『赤澤えると「記憶の一着」』。たくさんの服が捨てられる世の中で、残る服って何だろう。それはどうして残るのだろう。それを手放す時ってどんな時…?思い出の服を持ち寄り、服の価値、服の未来、ゲストのお話をヒントに考えていく赤澤える氏の連載。

http://neutmagazine.com/tag/eru-akazawa-memorable-clothes/

 

*4:古着や一点物のリメイクを主に扱うアパレルショップ。

(432:https://www.yonsanni.com/

 

*5:TIAさんへのNEUTインタビュー記事。

(NEUT:http://neutmagazine.com/feature/wasted-love/

 

*6:フランスで、環境保護や循環経済の実現を目指し、在庫や売れ残り品の廃棄を禁止する法案の準備が進められている。

(参考)WWD:https://www.wwdjapan.com/850342

 

*7:取材と報道で社会問題などの実態を伝え、その背後に潜む課題もあぶりだしながら、解決策を模索する場づくりもするというのがソリューション・ジャーナリズムの基本的なコンセプト。

(参考)東洋経済ONLINE

https://toyokeizai.net/articles/-/150737

 

*8:直訳すると「炭素の足跡」。商品やサービスの原材料の調達から生産、流通を経て最後に廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算したもの。

(参考)Sustainable Japan:https://sustainablejapan.jp/2016/02/04/carbon-footprint/21073