FASHION REVOLUTION DAY 2019

レポート:Session4 「今日からできるサステナビリティへの一歩」


mainimage

4/24(水)、渋谷のTRUNK (HOTEL) にて「Fashion Revolution Day 2019」が開催されました。

昼の部では、環境省と豊島(株)、VOGUE JAPANとケリング・グループ、H&Mとストライブインターナショナル(株)、特定非営利法人ゼロ・ウェイストアカデミーとパタゴニア日本支社によるトークセッションの4部構成。

夜の部では若者に人気のウェブマガジン・NEUT Magazineによるトークセッションと、ファッション業界の裏側に迫ったドキュメンタリー映画「ザ・トゥルーコスト」を上映。平日にも関わらず、350名以上が参加する大盛況のイベントとなりました。

 

INDEX:

Session1「ファッションと環境のつながり」
環境省大臣官房環境計画課企画調査室長 岡野隆宏氏 × 豊島株式会社 執行役員 営業企画室 室長 溝口量久氏

Session2「トレンドメーカーとしてできること」
『VOGUE JAPAN』編集長 渡辺三津子氏 
Kering Group Operations and Technology Material Innovation Laboratory (MIL) ディレクター Cecilia TAKAYAMA氏


Session3「なぜ今サステナビリティを推進するのか?」
H&M ヘネス・アンド・ マウリッツ・ジャパン(株) CSR サステナビリティ コーディネーター 山浦誉史氏 
(株) ストライプインターナショナル SDGs 推進室長 二宮朋子氏


Session4「今日からできるサステナビリティへの一歩」
特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 理事長 坂野晶氏 
パタゴニア日本支社 ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー 篠健司氏


Session4「今日からできるサステナビリティへの一歩」

特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 理事長 坂野晶氏

×

パタゴニア日本支社 ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー 篠健司氏

「ゼロ・ウェイスト」をもっと気軽に

全体-2

(左)特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミーの坂野晶氏 、(右)パタゴニア日本支社の篠健司氏 写真:森田彩花

坂野:NPO法人ゼロ・ウェイストアカデミー*1 は徳島県の上勝町を拠点に活動しています

。そもそも「ゼロ・ウェイスト」とは「ごみ・無駄」をゼロにするための活動のこと。世界的にみても、ゼロ・ウェイストを含めたサステナブルな社会のための取り組みは盛り上がっています。今年1月のダボス会議に共同議長として参加した際も、社会全体が成長戦略に据えながら循環型ビジネスへ取り組んでいくこと、そして取り組まない会社は淘汰されていくであろう、ということが指摘されていました。

 

「サーキュラー・エコノミー*2」のように、新しい資源を自然界からとるのではなく、すでにあるものを利用・再利用していくことが必要です。そして、そのためには様々なステークホルダーの連携が重要になります。ビジネスとしても、リサイクル技術や新素材の開発以上に、いかに消費者を巻き込み、製品の回収や修理などで消費者と「協働」できるようになるか、が鍵です。

 

一昨年から私たちは『ゼロ・ウェイスト認証制度*3』という新しい取り組みを始めました。もともとゼロ・ウェイストを進める中でも、リサイクルできない素材のものや、高額な技術でないとリサイクル設備が整わず実装が難しいなど、既存の仕組みや地域内の政策だけでは取り組めない課題がありました。そういった課題を乗り越えるために、みなさんと一緒に取り組めるものを作ろうと思ったのです。エシカルな商品を買おう、といった個人で取り組めることもあるものの、ダイレクトに消費者のみにアプローチして変えられることにも限界があります。そのため、「ゼロ・ウェイスト認証制度」は生産者と消費者の間にいる「お店」単位から始めていこうとする取り組みです。

 

これまでは飲食店のみを対象とした制度でしたが、ここで今日初めて「アパレル向け」ゼロ・ウェイスト認証制度を公開します!なぜ「アパレル」に特化したのかというと、ファッション産業と環境問題が密接に関わっているという中で、ファッションブランドが製造過程において環境に配慮するだけでなく、消費者と直接繋がっている「アパレルストア」の役割を問い直すことが重要であるからです。

このセッションでは、「アパレルストア ゼロウェイスト認証*4」と照らし合わせながら、パタゴニア日本支社さんの取り組みを見ていきたいと思います。

 

篠:まず初めに、なぜパタゴニアが「ゼロウェイスト」をスタートさせたのかについて、そして私たちの取り組みがどのように『ゼロ・ウェイスト認証制度』と関わっているか、話していきましょう。

 

パタゴニアは、もともとアウトドアのカルチャーから始まっています。「アウトドア」という環境の変化を身をもって目の当たりにした経験から、環境問題に取り組んでいます。

私たちのミッションは「故郷である地球を救うためにビジネスを営む」こと。そして、最高の製品を作る、不必要な影響を最小限に抑える、ビジネスを手段として自然を保護する、従来のやり方にとらわれない、という「本質的な価値観」を大切にしています。こういったミッションやコアバリューを基盤に、一つ一つ行動に起こしています。

 

加えて、「ウェイスト戦略」も掲げています。個人の行動変容を通してウェイストの発生を最小化するとともに、グローバルすべての拠点において、適切な包括的リサイクル(再資源化)とコンポストのシステムを構築しています。また、リサイクル(再資源化)もコンポストもできない素材の調達をなくすため、各部門と協調してすべてのウェイスト発生源を管理しています。

 

坂野:長年ブランドの大きなコアとして、サステナビリティやゼロ・ウェイストに取り組まれているのですね。実際に「店舗」の中では、どう取り組まれていますか?

 

篠:それぞれ戦略を持って取り組んでいます。スタッフや社員など、「個人」の行動変容はとても大事です。「店舗」は、ただ商品を販売するのではなく、コミュニケーションをとる場所。かつ、その地域の店舗でしかできない「ローカリティ」も大事にしています。例えば、横浜の店舗では横浜にゆかりのあるブランドさんと一緒にゼロ・ウェイストマーケットを開催しました。他にも、ラッピングを一切しない、などといった工夫をしながら消費者の方々に参考にしていただいています。

 

ゼロウェイスト

坂野:では実際に認証の項目ごとにお話を伺いたいと思います。

『CHOICE(店がお客様に提供する”サービス品”から使い捨て品を出さない、もしくは削減に取り組んでいる)』としては、どのような取り組みをされていますか?

 

篠:オリジナルな試みとして「使い捨て」を減らすために、洗剤を量り売りで販売しています。他にも、10年以上前から100円のデポジット制で100%リサイクルのショッピングバッグを配布し、このショッピングバッグをまた店舗に持参いただくと100円をキャッシュバックする、という取り組み*5 も行なっています。

 

坂野:次に『LESS BOX(配送時は繰り返し使うことのできる資材やより簡易的な包装とすることでごみの発生を抑制しているか)』への取り組みはいかがですか?

 

篠:製品が入荷した際に使用した段ボールは再利用しています。全部社内から店舗へ「トップダウン」の中で行なっているのではなく、店舗スタッフ自ら工夫して取り組んでいます。改善の余地を考えながら、実際にアイデアと組み合わせています。

 

坂野:なるほど!店舗スタッフの方と協働しながら取り組まれているのですね。『SYSTEM(日常の業務で使用する紙類、備品の削減や代替品の使用により、ごみの発生を抑制しているか)』についてはどうですか?

 

篠:特にユニークなのは、文房具に関する取り組みです。ちょうど今日この場に実践している店舗スタッフが居ますので、その方から紹介していただこうと思います!

 

横浜店スタッフ:横浜店では、備品の見直しを行いました。私自身勤務して10年経つのですが、以前から備品が気になっていて…。スタッフ全員で、備品の愛情とともに買いすぎない工夫をしよう、と取り組みを始めました。実際に、あえて「買う」のではなく、もともとあるもので工夫して備品を作ったり、それらの備品に全て値札を付けて物の価値を改めて知ってもらうようにしています。

 

坂野:お客さまには見えない部分でも、無駄をなくしていくことが大事ですね。『ZW WORKER(事業者及び従業員がゼロ・ウェイストについて理解し、自身が出すごみを削減していくために具体的な取り組みをしているか)』についても教えてください。

 

パタゴニア

篠:「ゴミゼロランチ」という、ゴミを出さないよう工夫する日を作っています。どんなゴミの種類があるのか、その排出源は何か?を従業員全員で考える機会になっていますよ。加えて、ゴミ箱自体をなくして、そもそもスタッフがゴミを出さないライフスタイルになるよう工夫しています。

 

坂野:私自身もゴミ監査をする中で驚いたのが、店舗からでるゴミってスタッフが持ち込む飲食のゴミが多い、ということ。スタッフ自体が出すゴミに目を向けられているのですね。

 

篠:年度末のセール期にも、1日20〜30人のスタッフへの弁当のゴミをなくすために、実際にタッパーをあらかじめ渡してデリバリーしてもらっています。

 

坂野:徹底されていますね。次に、店舗設計からゼロ・ウェイストが取り組める『DESIGN(そのまま放置するとごみになるよな未活用資源や、修理・リサイクル可能な資材を店舗に取り入れているか)』は、いかがですか?

 

篠:新しい資材はなるべく優先度を下げて、古材を積極的に使用しています。例えば、広島の店舗では、製造過程で焼く必要のない二酸化炭素を吸収してできる特殊なタイルを使用しています。

 

坂野:なるほど。他にも、『REPAIR(長く使えるように製品の修理、メンテナンスができるサービスが整っているか)』の視点に立つと、ハンガーなどでも修理できる設計にしておくと、ゼロ・ウェイストに繋がりますよね。

 

篠:そうですね。私たちも、セルフで修理することを推進しています。例えば、『Worn Wear *6』というプロジェクトを実施し、お客さまに出来るだけ長く使っていただけるような取り組みをしています。

 

坂野:どういったメンテナンスをすれば良いかなど、情報提供からできることもありますよね。

 

篠:他にも、目白の店舗ではアップサイクル のワークショップとして、リターンされた服を再販することもあります。傷がついてしまった商品を、お客さまの手で生まれ変わらせるイベントも実施し、新しいものを作り出す喜びを体験していただきたい、と思っています。

 

坂野:最近は「リセーラビリティ(再販)」という考え方も消費者に浸透してきたため、買ったものをその後売ることを考えて良い状態で使う、さらに売れる前提で購入するので商品価格が高いものでも買ってもらえる。つまり、企業にとってはしっかりと耐久性のある良いものを提供するというインセンティブにもなりますね。

今日ご紹介したゼロ・ウェイスト認証制度は、色々な方を巻き込めるように項目をたくさん作っています。パタゴニアさんだけではなく多くのブランドさんに、この認証であげられている視点を持って消費に対してアプローチしていただきたい、と思います。

 

篠:サステナビリティは、今生きている私たちだけでなく、将来の人々のニーズを充しながら進めて行かなければなりません。喫緊の課題としては「気候変動」がありますよね。細かくこの認証を見ていくと、この課題にアプローチできることがたくさんあります。今の状態を知りながら、その中でどこがインパクトが大きく、かつ、消費者と一緒に取り組めるか考えていくことが必要ですね。

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

*1:「人の意識・行動を変える」「ものを使う人・使い方を変える」「社会の仕組みを変える」ことで、「ごみ」をごみでは無くすことに取り組む、非営利活動法人。

(特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー:http://zwa.jp/

 

*2:これまで提唱されてきたような資源循環の効率化だけでなく、原材料に依存せず、既存の製品や有休資産の活用などによって価値創造の最大化を図る経済システム。

(CSR Communicate:http://www.csr-communicate.com/qa/20160422/csr-30176

 

*3:個人だけではなく事業者によるごみの削減を促し、ゼロ・ウェイストな取り組みをしている事業者が広く評価され、その取り組みがブランド価値となることを目指す。実際に取り組む事業者にとって、廃棄物削減・発生抑制の取り組みへのアドバイスが受けられ、社員・スタッフの教育機会や関心を同じくする同業者との交流機会が増えるとともに、廃棄物削減・発生抑制への取り組みがブランド価値になり、ゼロ・ウェイストやサステナビリティに関心の高い顧客層の獲得に繋がる、という価値提供を行う。

特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミーhttp://blog.zwa.jp/?eid=1189

 

*4:「アパレルストア」に向けた認証制度。スタッフへの教育、ごみの適正リサイクル、取り組みへの長期計画策定を前提条件とし、9つの項目で認証を付与している。

(ゼロ・ウェイストアカデミー:http://zwa.jp/news/zerowasteaccreditation_fashion/

 

*5:買い物の際にマイバックを持参していない場合、持ち帰り袋のデポジットとして100円を支払う。袋を利用した後、不要となり直営店に返却する際にデポジットの100円を返金する仕組み。この持ち帰り袋には、同社製品の流通段階で梱包材として使用されている低密度ポリエチレン素材のプラスチック袋をリサイクルした材料など、100%再生原料を使用。さらに返却された袋もリサイクルされる。

(参考)湘南経済新聞:https://shonan.keizai.biz/headline/668/

 

*6:Worn Wearは着ることについてのストーリーを祝い、ギアを長く使ってもらい、修理不能になったパタゴニア製品を簡単にリサイクルするための方法を提供するプログラム。

(パタゴニア:https://www.patagonia.jp/worn-wear.html