FASHION REVOLUTION DAY 2019

レポート:Session1「ファッションと環境のつながり


mainimage

4/24(水)、渋谷のTRUNK (HOTEL) にて「Fashion Revolution Day 2019」が開催されました。

昼の部では、環境省と豊島(株)、VOGUE JAPANとケリング・グループ、H&Mとストライブインターナショナル(株)、特定非営利法人ゼロ・ウェイストアカデミーとパタゴニア日本支社によるトークセッションの4部構成。

夜の部では若者に人気のウェブマガジン・NEUT Magazineによるトークセッションと、ファッション業界の裏側に迫ったドキュメンタリー映画「ザ・トゥルーコスト」を上映。平日にも関わらず、350名以上が参加する大盛況のイベントとなりました。

 

INDEX:

Session1「ファッションと環境のつながり」
環境省大臣官房環境計画課企画調査室長 岡野隆宏氏 × 豊島株式会社 執行役員 営業企画室 室長 溝口量久氏

Session2「トレンドメーカーとしてできること」
『VOGUE JAPAN』編集長 渡辺三津子氏
Kering Group Operations and Technology Material Innovation Laboratory (MIL) ディレクター Cecilia TAKAYAMA氏

Session3「なぜ今サステナビリティを推進するのか?」
H&M ヘネス・アンド・ マウリッツ・ジャパン(株) CSR サステナビリティ コーディネーター 山浦誉史氏
(株) ストライプインターナショナル SDGs 推進室長 二宮朋子氏

Session4「今日からできるサステナビリティへの一歩」
特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 理事長 坂野晶氏
パタゴニア日本支社 ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー 篠健司氏


Session1「ファッションと環境のつながり」


環境省大臣官房環境計画課企画調査室長 岡野隆宏氏

×

豊島株式会社 執行役員 営業企画室 室長 溝口量久氏

「ゆるさ」は、サステナビリティへの第一歩

(中央)環境省の岡野隆宏氏、(右)豊島(株)の溝口量久氏    写真:森田彩花

岡野:近年「持続可能な社会」への取り組みが加速しています。実際に、SDGsやパリ協定も、持続可能な社会に向けた国際的な基盤の要です。例えば、気候変動についての国際的な取り決めである「パリ協定*1」を受けて、日本では2030年度までにCO2排出量を2013年度比26%減、2050年まで80%減…と取り決めています。

環境問題に関しては、プラスチックゴミによる海洋汚染問題も近年深刻化していて、2050年にはゴミが魚の量を上回るという試算も出ています。日本は、1人あたりのプラスチック容器包装の排気量が世界2位です。

このような問題に向き合って、日本全体で「サステナビリティ」に取り組むうえで、行政だけでなく、大企業はもちろんサプライチェーンを通じて中小企業にも対応が求められています。

鎌田:「どのくらい環境に配慮した経営をしているか」が投資の基準にもなっていますよね。逆に考えると、環境に配慮してないと会社の持続可能性がなくなってしまう。

環境省

写真:森田彩花

岡野:そうですね。これから化石燃料が使えない社会になったらどうなるかを、もっと真剣に考えないと。「+α」としてサステナビリティを取り入れた経営ではなく、もっとシビアに考えていく必要があります。

日本での環境政策を進めるうえで、環境と経済、社会を同時に考えていくことも大事です。一生懸命規制をかけて一つ一つ「穴を埋めていく」だけではなく、日本全体を変えていく必要があります。「環境問題をそもそも起こさない」というようにね。

今使われていない畑や田んぼの有効活用も、サステナビリティにつながります。つまり、地球・地域にある資源を上手に使っていく、ということです。資源を使えば、自然の中で循環していくし、環境自体も元気になる。例えば、地域でエネルギーを作って都市に売れば、地域経済も潤いますよね!

 

写真:森田彩花

鎌田:なるほど。実際に環境省では「つなげよう、支えよう、森里川海プロジェクト*2」を継続されていますよね。

岡野:環境で地域を元気にするためには、私たちのように「環境」を専門に扱うセクターだけでなく、ビジネスなどとの連携も不可欠です。「地域循環共生圏」という、自立した分散型地域というコンセプトも大事ですね。

そのためには、様々なイノベーションが必要です。技術的なイノベーションだけでなく、経済社会システムやライフスタイルも巻き込み、全体でイノベーションを起こしていくことが求められています。

鎌田:「環境保全」というと、ゴミを減らすといった社会的行動のイメージが強いですが、普段の生活の中で「何を選ぶか」という視点を持つことも、持続可能性に繋がりますね!

では、実際に「ビジネス」セクターである 豊島株式会社では、どのような取り組みをされていますか?

溝口:私たちは16年前からオーガニックコットンプロジェクト「オーガビッツ*3」に取り組んでいます。今では、ファッションアイテムからライフスタイルグッズまで、100社ものブランドさんがオーガニックコットンを使ってくださっています。

そもそも、私たちが取り組む「コットン」の問題は深刻です。農家さんは手でコットンを摘むので、農薬の影響で彼らの指紋がなくなることも。それに、農薬は土壌を悪くするので、次のコットンの生産ができなくなったり…と様々な問題があります。

鎌田:落葉剤の問題も聞いたことがあります。そもそもコットンは、枯れることで綿が収穫できるので、落葉剤を使って枯れを促進しているのですよね。

溝口:その問題もあります。こういったコットンを取り巻く問題を受けて、私たちは「オーガビッツ・ファンド」を開始し、NGO・NPOの活動を支援しています。他にも「Orgabits Run」というファッションとスポーツを融合させたランニング大会を実施したり、キャベツ、コーヒー、お茶といった、廃棄予定の野菜や食材で染色する「FOODTEXTILE」など、様々な取り組みをしています。

 

鎌田:面白いですね!現実的にできることを、形にしていることが素晴らしいと思います。「100%サステナブルでないといけない」というように、参入障壁が高い印象を持たれるサステナブルの世界ですが、実際に16年間続けていらっしゃるのですね。長い間取り組む中で、反応はどう変化しましたか?

溝口:実際に商品が店頭で売れた!という声が増えていますね。サステナブルに関心があるお客さまが増えているな、という印象です。

一緒に取り組んでいる企業さんも、こちらがオーガニックコットンについて一つ一つ説明をする必要がないくらい、みなさんよくご存知です。ベースの知識が共有できているので、「実際に何を企画するか」という、実行段階の話をすぐに開始できます。


鎌田:そうなのですね!実際に繊維業界におけるサステナブルな動きはありますか?

溝口:例えば「ウール」は、製造段階で床に落ちてしまったりして廃棄されそうなものを綺麗に洗ってもう一度使うことができます。 そういった意味で、「サステナブル」ですよね。「Green Down Project*4」の取り組みも面白いと思っていて。使わなくなったダウンコートを店頭に持って行って、新しくなったものを受け取れるようなシステムです。

岡野:溝口さんがおっしゃるように、入りやすい入り口をちゃんと作るというのは、とても大切。

「エコ」素材をもっと贔屓(ひいき)して欲しいですよね!エコ贔屓なら、どんどんやって欲しい(笑)それに、今日のようなイベントにも出させてもらって、セクターを超えて何を一緒にやっていけるか、皆さんと考えていきたいです。それがきっかけとなって、サステナブルな企業さんの応援になれば、と。

鎌田:エコ贔屓!すごくいいですね!消費者の中には、何をどんな風に選んでいいのかよくわからない方もいらっしゃるはず。豊島(株)さんの取り組みのように、「オーガニックコットン」という選択もありますが、他には何があると思いますか?

溝口:環境省認証のマークや、「この商品を選ぶと"良いこと"に繋がる!」といった認証マークは良いかもしれないですね!

岡野:「エコマーク」といった既存のものも大事にしたいですね。認証マークは、認証の「基準」が難しい。この基準が厳しくなると認証マーク自体が少なくなるし、緩いとそれはそれで…。100%完璧を目指すのではなく、100%と0%の間から始めたり、一人一人が楽しみながらやることがまず大切になりますよね。


溝口:「ゆるく続けていくこと」って、大切ですよね。いかに可愛くエコな素材を使っていけるか、を突き詰めていきたいです。

鎌田:いきなり完璧なアクションを目指すのはハード。認証マークに気をつけるなど、できることから意識していきたいですね!

岡野「ファッション」は暮らしをより潤してくれるもの。そこに、「新しい価値」を作ることが大事ですね。

溝口:そのきっかけとして、「この商品の後ろには何があるか」を知っていただけたら嬉しいです。

DSC06864

ーーーーーーーーーーー


*1:世界共通の長期目標として、産業革命前からの平均気温の 上昇を2℃より十分下方に保持し、1.5℃に抑える努力を追求を目的とした、国際的取り決め。(環境省:http://www.env.go.jp/earth/Paris_agreement.pdf
 
*2:平成26年12月から始まった、国民全体で「森里川海を豊かに保ち、その恵みを引き出すこと」「一人一人が、森里川海の恵みを支える社会をつくること」を目指したプロジェクト。(環境省:https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/index.html/
 
*3:オーガビッツは、繊維専門商社の豊島株式会社が推進している、オーガニックコットンを通して、みんなで “ちょっと”ずつ地球環境に貢献しようという想いから始まった、社会貢献とビジネスを両立するプロジェクト。(オーガビッツ:http://orgabits.com/
 
*4:羽毛製品を回収、リサイクルし循環を目指すプロジェクト。
(一般社団法人 Green Down Project:http://www.gdp.or.jp/

 

 

(文:小澤茉莉)