FASHION REVOLUTION DAY 2019

レポート:Session3 なぜ今サステナビリティを推進するのか?


mainimage

4/24(水)、渋谷のTRUNK (HOTEL) にて「Fashion Revolution Day 2019」が開催されました。

昼の部では、環境省と豊島(株)、VOGUE JAPANとケリング・グループ、H&Mとストライブインターナショナル(株)、特定非営利法人ゼロ・ウェイストアカデミーとパタゴニア日本支社によるトークセッションの4部構成。

夜の部では若者に人気のウェブマガジン・NEUT Magazineによるトークセッションと、ファッション業界の裏側に迫ったドキュメンタリー映画「ザ・トゥルーコスト」を上映。平日にも関わらず、350名以上が参加する大盛況のイベントとなりました。

 

INDEX:

Session1「ファッションと環境のつながり」
環境省大臣官房環境計画課企画調査室長 岡野隆宏氏 × 豊島株式会社 執行役員 営業企画室 室長 溝口量久氏

Session2「トレンドメーカーとしてできること」
『VOGUE JAPAN』編集長 渡辺三津子氏 
Kering Group Operations and Technology Material Innovation Laboratory (MIL) ディレクター Cecilia TAKAYAMA氏


Session3「なぜ今サステナビリティを推進するのか?」
H&M ヘネス・アンド・ マウリッツ・ジャパン(株) CSR サステナビリティ コーディネーター 山浦誉史氏 
(株) ストライプインターナショナル SDGs 推進室長 二宮朋子氏

Session4「今日からできるサステナビリティへの一歩」
特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 理事長 坂野晶氏 
パタゴニア日本支社 ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー 篠健司氏


Session3「なぜ今サステナビリティを推進するのか?」


H&M ヘネス・アンド・ マウリッツ・ジャパン(株) CSR サステナビリティ コーディネーター 山浦誉史氏

×

(株) ストライプインターナショナル SDGs 推進室長 二宮朋子氏

サステナブルは、「当たり前」!

全体

中央)H&Mの山浦誉史氏、(右)(株)ストライプインターナショナルの二宮朋子氏    写真:森田彩花

山浦:サステイナブルなものを、当たり前に手に届く形で提供することが私たち H&M のミッションであり、大きなブランドだからこそできるインパクトを意識しています。

 

「サステイナブル」とファッションにまつわる歴史的な流れは、1990年代から始まっています。1990年代から、徐々にアパレル産業全体で「児童労働問題」が浮上し、監査を開始しています。2013年には、バングラデシュの縫製工場が入居していたラナプラザが崩壊しました*1。その事故をきっかけに、サプライヤーリストの公開に踏み切った、という流れがあります。

 

H&Mのヴィジョンは、公正で平等な会社でありながら、循環的かつ再生可能なファッションへと変化を導くこと。つまり、環境と経済、人に対して包括的にアプローチしていくことです。2020年までには、全てのコットンをオーガニックコットンに、そして2030年までの全ての素材をサステイナブルに切り替える方針を打ち出しています。

 

山口:なるほど、ブランド全体で「サステナブル」を前面に押し出しているのですね。具体的に、どのような取り組みをされていますか?

 

山浦:実際には、古着回収サービスや「コンシャスライン」を展開しています。消費者もサステナブルな選択ができるように、毎年「Conscious Exclusive*2」というコレクションを展開し、サステイナブルな素材を使った「ハイエンド」なコレクションを製作しています。

例えば、オレンジファイバーのようなセルロース繊維であったり、昨年はリサイクルナイロン(漁業用ネット)を使用したアイテムを製作しました。

 

山口:先進的なテクノロジーを用いながら新しい取り組みをされているのですね。

先日広瀬すずさんを起用したCMが話題を呼んでいる、ストライプインターナショナルさんは、どのような取り組みをされていますか?

 

 

 

二宮:動画をご覧いただき、ありがとうございます。ストライプインターナショナルでは、世界12カ国、約300工場と提携し、服を生産しています。その中で、フェアサプライチェーンマネジメント委員会*3 を設立し、経営者のインタビューやメディカルセンターがきちんと運営されているかなど、細かくチェックを行なっています。今年、新たな試みとして、インスタグラムでアカウントを作成*4 し、生産者の声を消費者の方にお届けしています。

 

山口:マスのブランドであることで、「大量生産」や「大量廃棄」をある意味”推進してきた”と言えると思うのですが、それぞれどのような転機で「サステイナブル」に取り組み始めたのですか?

 

H&M

写真:森田彩花

山浦:どのポジションにおいても、サステイナブルであることは当たり前。私たちのようなマスのブランドは、小売だけでなくファッション業界全体に与える影響が大きいので、企業として取り組まなければならない、と思っています。将来ファッションを楽しむためには、今環境面にも配慮する必要がありますし、私たちだけでなくファッション業界全体で取り組まなければ、と思います。

 

二宮:サステイナビリティを意識しないと、会社としてもサステイナブルな運営ができませんし、後の世代へも続いていきません。自分たちが楽しんで終わり、ではなく、次世代にツケを回さない意識が大切ですね。

 

そもそも、必要な「生産量」を考えるために、AIを使った生産量のコントロールも行なっています。捨てられていった先も消費者が意識できるようなアプローチも必要です。まさに、持続可能な資本主義、を目指して。

 

今日(4月24日)から先行で行なっていますが、ショッピングバッグの「有料化」も行なっています。なぜ今までショッピングバッグが「無料」だったのか、考えるきっかけにしたいと思っています。今後素材自体を紙に変えていき、より環境負荷がかからないように工夫をしていきます。

 

山浦:確かに、ショッピングバッグもそうですが、プラスチックの問題ってものすごく複雑ですよね。洋服とショッピングバッグのプラスチックの問題は別に考える必要があるな、と思います。全てを白黒つけられるプラスチックに関する情報はまだ少ないものの、なるべくプラスチック自体の使用料を減らすことが必要です。加えて、廃棄量を減らす必要もありますね。H&Mでも、ショッピングバッグの有料化に取り組んでいて、その代金はWWFジャパン様への寄付が決定しています*5。

ちゃんとサステイナブルなプラットフォームを消費者の方々に提供することで、消費のマインドセットを変えていくことが必要です。そのために、消費者との新しいコミュニケーションを意識しています。

 

山口:「コミュニケーション」とありますが、実際に消費者や社内のサステイナブルへの理解は得られているのでしょうか?

 

山浦:確かに、ショッピングバッグの有料化に対して、今までお金をいただいていなかったものを有料化することに、消費者の方への申し訳なさもありますが、ポジティブな変化もあります。社内でもその影響を共有したりして、社員間のコミュニケーションも図っていますね。

 

二宮:変化すること自体に抵抗を感じる消費者もいらっしゃいますよね。ただ、「将来地球にどうなっていて欲しいか?」を考えていただくきっかけを、私たちから提供することが大切だと思っています。

 

山口:正直、このようなサステイナブルな取り組みをされている中で、消費者に「表面的なものなのでは?」と指摘されることはありますか。

 

山浦:そういった批判は、「誤解」の中で生まれると思っています。消費者がちゃんと私たちの取り組みやサステイナブルに対して理解できるような「接客」が大切です。例えば、自分自身も、接客に必要な情報を提供してそのフォローアップを行っています。店舗のフォローアップに貢献していくことが重要ですね。

 

ストライプ

写真:森田彩花

二宮:私たちは、実際に「エシカル」ってなに?という問い合わせを受けることが多いです。中には、「ブランド名が『エシカル』に変わるのか?」という問い合わせもあります。

この取り組みって上辺だけでは?と思う方は、もともと「エシカル」を知っていて、その上でその「本気度」を見ている段階にいる方。

「エシカル」は日本語に訳しにくいですから、まずその現場に目を向けることが必要ですね。まさに、「見つける」「広がる」の段階だと思っています。

 

山口:H&Mさんやストライプインターナショナルさんのように、具体的なアイデアを形にできるブランドがある一方、何からやったらわからないという企業もあるのではないでしょうか?

 

山浦:確かに、あると思います。私自身も、何度か他の企業に向けて講演をしたりして、企業がサステイナブルに取り組むためのアイデアや情報を共有しています。

 

二宮:その企業の中だけではなく、業界全体で知識を共有するべきですよね。

 

山浦:そう思います。他の業界から学べることは多いですから。課題の共通点をシェアすることも、大切だと思います。特に、サステイナビリティ自体「横文字」の言葉なので、外のサステイナブルな取り組みを自社に取り入れればOK、と思ってしまっているところもあるのではないでしょうか。ただ取り入れるだけでなくて、自社の内側から課題を深掘り、気づくことも大事ですよね。

 

二宮:そうですね。まずは「自社がやっていることはそもそもサステイナブルなのか」を考えるといいですよね。

 

(文:小澤茉莉)

 

ーーーーーーーーーーー

 

*1:バングラデシュの首都ダッカ北西約20kmにあるサバールで、8階建ての商業ビル「ラナプラザ」が崩壊。このビルには銀行や商店と共に、欧米の衣料品ブランドであるマンゴ、ベネトン、プライマークなど27のブランドを対象とする5つの縫製工場が入っており、この事故で1134人が死亡、330人が行方不明となった。

(参考)Sustainable Japan:

https://sustainablejapan.jp/2015/08/24/ranaplaza/18224

 

*2:全てのアイテムにオーガニック・コットン、テンセル、リサイクル・ポリエステルなど、サステイナブルな素材を使用。フラワープリントのセパレートや軽やかなドレスなどが揃い、全てのアイテムにアースカラー、ブラッシュピンク、ホワイトなどのカラーがあしらわれ、サステイナブル・ファッションの未来に向けて企業としての責任および変化を目指したステートメントが見られる。

(H&M:https://about.hm.com/ja_jp/news/general-news-2019/h-m-conscious-spring2019.html

 

*3:フェアサプライチェーンの実現に向けて、2014年に「フェアサプライチェーン」の取り組みをスタート。つくる人も着る人も“フェア”なサプライチェーンの実現に取り組み、日本の生産部門と海外の監査員および労働問題を専門とする弁護士で「フェアサプライチェーン委員会」を設置。生産を委託する工場へ人権デューデリジェンスおよび品質向上の目的で監査を実施し、より良い労働環境で生産が継続できるような活動を継続している。

(ストライプインターナショナル:https://www.stripe-intl.com/csr/category_detail26.html

 

*4:提携工場の生産者を紹介している。

stripe_imadeyourclotheshttps://www.instagram.com/stripe_imadeyourclothes/

 

*5:アパレルブランドでは国内初となる取組として、プラスチック製のショッピングバッグから紙製のショッピングバッグへ切り替え、有料化も開始。日本で使用される紙製ショッピングバッグは全てFSC®認証紙、もしくは100%再生紙、かつ日本国内で製造されたものを使用するなど、極力環境への負荷を低減する様に配慮。販売額から製造コストを除いた余剰金は、WWFジャパンへ寄付され、寄付金は、日本のプラスチックごみ問題の解決を含む海洋環境保全活動全般、 および日本国内の淡水や海に関する自然環境保全活動に活用される。

(WWFジャパン:https://www.wwf.or.jp/corp/info/3894.html