FASHION REVOLUTION2019

BABY STEP LEADS TO FASHION REVOLUTION! 今年のファッションレボリューションは5つのトークと上映会!


mainimage

FASHION REVOLUTION2019

今年はTRUNK HOTELで開催!

毎年4月24日を含む1週間をFASHION REVOLUTION WEEKとして開催される世界キャンペーンが今年も日本で開催されます。今年のFASHION REVOLUTION WEEKは4月22日から28日。今年のイベントは4月24日(水)に渋谷にあるTRUNK HOTELで開催されます。このキャンペーンの背景には、2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカ近郊で1,100名以上もの衣料労働者が亡くなった、「ラナ・プラザ」ビルの崩落事故があります。

このビルには、ヨーロッパの大手ファッションメーカーが多く入っており、その安全管理や働き手の人権の扱いが疑問視されました。この事故を受け、2014年より4月24日を「ファッションレボリューションデイ」として、世界各地でファッションを変革するための働きかけを行なっています。2016年から「ファッションレボリューションウィーク」として1日に限定せず、さまざまなイベントを呼びかけています。こうした悲劇を二度と起こさないために、よりサステナブルで、人にも環境にも配慮した、真のファッションの価値を問い直すのが、本キャンペーンの目的です。2018年度は50カ国、1100のイベント、275万人が参加し、世界中でムーブメントを起こしています。

今年の東京のイベントはコレだ!

FASHION REVOLUTION JAPANは、2019年4月24日のファッションレボリューションディに、より公平、安全、明確で透明性のある日本のファッションを考えるため、企業やブランド、メディアをお招きしてこれからのファッションを東京からどう発信するのか?をめぐるトークセッションを計4回行います。また、映画「ザ・トゥルーコスト」の上映するなど、充実した内容の1DAYイベントを開催します。イベントは昼の部と夜の部の2部構成で開催されます。今年はファッション業界で働く人々をお招きし、色々な角度からファッションのあり方や今後の未来をお話しいただきます。

当日スケジュール

12:00 開場

12:30 開会式

■13:00-13:45 session1
「ファッションと環境のつながり」
ゲスト:
環境省大臣官房環境計画課企画調査室長 岡野隆宏氏
×
豊島株式会社 執行役員 営業企画室 室長 溝口量久氏

■14:00-14:45 session2
「トレンドメーカーとしてできること」
ゲスト:

『VOUGE JAPAN』編集長 渡辺三津子

×

special ゲスト

■15:00-15:45 session3
「なぜ今サステナビリティを推進するのか?」
ゲスト:
H&M ヘネス・アンド・ マウリッツ・ジャパン株式会社
CSRマネージャー 山浦誉史氏
×
株式会社ストライプインターナショナル SDGs 推進室長
二宮朋子氏

■16:00-16:45  Session4
「今日からできるサステナビリティへの一歩」
ゲスト:
特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 理事長
坂野晶氏
×
パタゴニア日本支社
ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー
篠健司

17:00-18:00 交流会

チケットはこちらから

夜は映画「ザ・トゥルー・コスト」を上映

TCposter

夜の部はファッション業界の裏側を取材したドキュメンタリー映画である「ザ・トゥルー・コスト」。2013年4月に起きたバングラデシュの縫製工場ラナ・プラザの崩壊事故をきっかけに、現在の経済システムの特徴でもある「大量生産・大量消費」の犠牲になっている世界各地の人々を取材しています。一方で、ファストファッションの店に殺到する消費者も描き、驚くほど安く売られている商品の、真の代償は何なのか?を訴えかけます。グローバル経済のもと、複雑な物流でつながっている日本の消費者にとっても、無関係ではありません。時に買い手であり、つくり手であり、情報を受ける側にも発信する側にもなれる、私たち。おしゃれを心から楽しむためにも、世界の現実を知るとともに、私たちができることを一緒に考えていきませんか? 映画の前にはNEUT Magazineがモデレーターをつとめ、若者の視点から今のファッションのあり方をトークする場も設けます。

 

18:30- 開場

19:00-19:30 トークセッション

「NEUT Magazine×FASHION REVOLUTION」
ゲスト:赤澤える(LEBECCA boutique ディレクター) 、他

19:30- 21:00 「ザ・トゥルー・コスト」上映会

21:30 close

 

チケットはこちらから

 

エシカルなヒントが見つかるブースも登場!

トークや映画だけじゃなく、会場ではエシカルのヒントになるブースを設けます。エシカルって興味はあるけど、どうやったら自分に落とし込める? 自分の社内でどうしたらエシカルを進められる?そんなヒントやコラボレーションが生まれるブースが登場します。1DAYチケットを買って、1日楽しんでみては?

アセット 1-100Green Down Project

一企業の技術ただけでは、「羽毛循環サイクル社会」は実現できません。羽毛に関わる企業をはじめ、地域社会、そして生活者一人ひとりの理解と協力により羽毛循環システムがつくられます。それを推進していくのが、Green Down Project(グリーンダウンプロジェクト)です。

 

 

 

 

Artboard 1-100APOLIS

ブランド説明:創業者であるラーン&シェー兄弟が世界中を旅する中で、発展途上国の経済発展の橋渡しとなるビジネスモデルを志し、2004年アメリカ・ロサンゼルスでスタートしました。 "Global Citizen(地球の市民)"をブランドフィロソフィーとして掲げ、世界規模で雇用を作ることをミッションに活動しています。

 

 

 

 

 

orgabits logo-100豊島株式会社 オーガビッツ

オーガニック100%にこだわらず、10%の商品を100倍の人に届けるという発想で、みんなで”ちょっと”ずつ地球環境や生産者に貢献しようという思いから始まったオーガニックコットン普及プロジェクト。

 

 

 

TWC centred_sb

THE WOOLMARK COMPANY

ザ・ウールマーク・カンパニーはウールのグローバル・オーソリティーであり、オーストラリア産メリノウールの研究・開発及びマーケティングを行う非営利団体です。ウールマークは1964年に誕生した、世界で最も知られているテキスタイルの品質認証ブランドです。

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2019-04-12 10.19.53THE NEW DENIM PROJECT
THE NEW DENIM PROJECTは、中米グアテマラで誕生したアップサイクルコレクション。本来捨てられてしまう縫製工場のデニム裁断クズや紡績工場で出る落ち綿を回収し、新しい糸や生地、製品雑貨に生まれ変わります。人にも地球環境にも優しい、サステイナブルなコレクションです。

 

 

 

【日時】 2019/4/24(水)
受付開始:12:00  開始:12:30  終了:21:30


【場所】TRUNK(HOTEL) 2F MORI 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目31


【参加費】

<<前売り>>
■1DAY ticket(昼の部トークセッション全4回、交流会参加) 一般:10,000円、25歳以下:4,500円(25枚限定)


■1 session ticket(昼の部いずれかのトークセッション1回、交流会参加※再入場形式) 一般:3,000円、25歳以下:1,500円(各回10枚限定)


■夜の部トークセッション&トゥルーコスト上映会 一般:1,500円
チケットはこちらから
<<当日>> ■1 session ticket(昼の部いずれかのトークセッション1回) 一般:3,500円 ■夜の部トークセッション&トゥルーコスト上映会一般:2,000円