次世代を担う学生を対象としたデザインコンペティションを開催!


image

次世代のアパレル産業を担う学生の環境に対する意識のきっかけに

株式会社アーバンリサーチはSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みの一つとして、「Green Down Project」に参加し、羽毛製品の回収とリサイクルされた羽毛での商品企画に積極的に取り組んでいます。現在、URBAN RESERACH, URBAN RESERACH DOORS,URBAN RESERACH Store の3ブランドの店舗において、ダウン製品の回収や、Greenn Downを使ったダウンジャケットの販売などを行っています。

今回、株式会社アーバンリサーチの企画により、Green Downを使ったデザインコンペティションを開催することが決まりました。今、世界の羽毛供給量は減少を続けているという現状があります。「羽毛が限りある資源であることを理解し、次の世代へ資源を残すことが、アパレルを取り扱う企業の責任であると考えてる」と株式会社アーバンリサーチは発表しています。その一環として、次世代のアパレル産業を担う学生の皆様を対象として、グリーンダウンを使用した製品のデザインコンペティションを実施することを思いついたとのこと。「このデザインコンペンティションが、皆様にとって、羽毛の有限性はもちろんのこと、世界規模で実際に起こっている環境問題などに関心をもつきっかけになればと考えています。」と、株式会社アーバンリサーチは訴えます。

応募期間は3月15日(金)から4月21日(日)まで。年齢、性別、国籍は問わず、2019年4月1日(月)時点で日本国内の大学・専門学校に在籍している全ての方が応募の資格があるとのこと。

また、この企画の軸にある、デザインの内容はGreen Downを使ったアパレル・服飾雑貨の製品のデザインであること。受賞作品は実際に商品化され、店頭で販売を予定しているとのこと。実際に自分の考えたデザインが商品として、お客様の手に届くのを想像するだけでワクワクするコンペティションですね。こうやって、人々の気づきやエシカルな商品が多く広まっていくと良いなと筆者も賛同します。

 

 

Green Down Projectとは。

羽毛は洗浄、精製加工することで新毛よりもきれいな「再生羽毛」として生まれ変わります。
一企業の技術だけでは「羽毛循環サイクル社会」は実現できません。
羽毛にかかわる企業や団体をはじめ、一般企業・団体、地域社会、そして生活者一人ひとりの理解と協力で作るリサイクル羽毛流通システム、それがGreen Down Projectです。

 

 

募集概要

 ■主催
株式会社アーバンリサーチ(以下、主催者)

■募集内容
グリーンダウンプロジェクトのコンセプトが考慮されている、グリーンダウンを使用したアパレル・服飾雑貨の製品のデザイン。受賞作品は表彰、および商品化し、主催者にて販売いたします。

■参加資格
2019年4月1日(月)時点で日本国内の大学・専門学校に在籍している方
※年齢、性別、国籍は問いません。

■スケジュール
募集期間:2019年3月15日(金)〜2019年4月21日(日)
受賞作品発表:2019年5月上旬予定
※受賞者の氏名等については、本人の許可を得た上で公表します。[ur1] 

作品発売日:2019年11月予定
※発売時期は変更になる場合がございます。

 
■応募方法

主催者の企業サイトより進めるデザインコンペ特設ページにて、応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、応募するデザインのデータと共に以下のE-mailアドレスへメールで送付してください。
応募の際、事前に必ず注意事項をご確認ください。

件名に「グリーンダウンコンペ作品応募」とご記入ください。
E-mail:ur-designcompetition@urban-research.com
提出物:応募デザイン(PDF、JPG、PNGのいずれか)、応募用紙(PDF)

 

応募の詳しい内容はこちらよりご覧いただけます→デザインコンペティション詳細リンク