洋服の無料オンラインコースに登録しよう!


Who made my clothes?6月25日から3週間、

イギリスのエクセター大学による無料オンライン講座がスタートします!

あなたの着ている服がどこから来たのか、どこで誰が作ったのか、どれほどの犠牲が払われて作られたのかについて考えたことがありますか?

この講座では、2013年にバングラデシュで起きた、ラナプラザビル倒壊事件の翌年2014年から、毎年4月にファッションの透明性を求める国際的なムーブメントのファッションレボリューションのテーマである「Who Made My Clothes?」を掲げ、ファッションに関わる人や環境、創造性、利益について誰でも学ぶことができます。ファッションブランドのポリシー、服を作るサプライチェーンが依存している人や資源、場所が相互に依存していること、あなたの着ているブランドの服がどこで、どんな生地を使用し作られたのかについて知り考える力を育てます。

この講座を通じて、普段は知ることができないあなたが着ている服の生産に携わる人々の営みを知ることができるようになり、その知識を活かすことで、その服の物語について発信することができるようになるとのこと。更に、ファッション業界に働き掛ける方法についても学ぶことができるので、自らの気づきによって地球市民としてファッション業界に変革を起こす一歩になること間違いなしです。

スクリーンショット 2018-06-25 10.29.11

 

Who is the course for?

講座は、服や貿易、ファッションレボリューション等に関するエシカルな行動に興味がある方々はもちろん、教育カリキュラムを向上させたい教職員も受講できる内容となっています。講座で取り扱うテーマは地理学やファッションとテキスタイル、英語、歴史、政治、社会学、美術、経済、環境学、国際的な公民権、持続可能な開発、社会学に関係しているので、誰でも自らのスキルや、知識を活かして講座に参加することができます。

 

Join this course

期間は6月25日から3週間 週に4時間。無料のコースと44ドルで多くの記事やビデオや専門家の評論やクイズを見ること以外に、いつでも資格のための証明書をダウンロード、プリントすることが可能となるそう。

 

登録はこちらから。→ONLINE COUSE 「WHO MADE MY CLOTHES?」

昨年は8000人が参加したこのコース。オンラインなので世界中の人が受けることができるこのチャンス、ぜひ受講してみてはいかがでしょうか?

※全編英語での授業になります。

 

 

文:上岡美穂

Related Posts
    None Found