思い出の服をボタニカルな壁飾りに!ドライフラワーになるスワッグをつくろう


スクリーンショット 2018-03-03 17.19.27

思い出の服をボタニカルな壁飾りに!

ドライフラワーになるスワッグをつくろう

3月、暦の上では春が始まりました! 冬の寒い時期から目覚めだした蕾が綺麗な花たちに開花するそんな春にぴったりのワークショップがそごう横浜で開催予定です。

講師は装花TOKYO フラワーデザイナー 杉山香林さんをお迎えし、生花を使ってスワッグ(壁飾り)を制作します。ドライフラワーになるので、長く楽しむことができます。そして、このワークショップにはエシカルなエッセンスも入っています。リボンの代わりにご自身の使用しなくなった洋服や、布などをお持ちいただき、世界に1つの私の思い出が詰まった愛着の湧くインテリアをお作りいただけます!

 

 

日にちは3月24日(土)のみ。3回に時間を分けて合計18名の方が参加可能です。

事前予約制で、そごう横浜にお電話で申し込みをお願いいたします。

 

開催日時:3月24日(土)①午前11時から ②午後1時30分から ③午後4時から《各回90分程度》

◆会場:3階=中央エスカレーター海側 特設会場

◆定員:各回6名さま

◆参加費用:税込3,780円

◆お持ちいただくもの:捨てられない思い出の服や、履けなくなったジーンズなど、お好きな布をお持ちください。スワッグを結ぶリボンとしてお使いいただけます。

*持参されない方には会場で配布いたします。

◆事前予約・お問い合わせ:そごう横浜店 3階=キートゥースタイル売場 電話045(465)5271

 

装花杉山さん装花TOKYO フラワーデザイナー 杉山香林

広告代理店、IT企業などでマーケティング・コミュニケーションに従事したのち、2008年株式会社アンジュウシを設立、企業の環境保全活動やサスティナブルな社会を創る取り組みへの指針作りやプロジェクトの企画・マネジメント、取材執筆などを行う。その中で、植物の美しさや生きざまに惹かれ、自然界にこそこの世の真理があり、持続可能な社会を築くためには、樹木や草花などの植物に触れ、憧れと畏怖を感じることが必要と考え始める。国内外でフラワーアレンジメントの技術向上に勤しむだけでなく、池坊で華道の道も歩み、また、植物の生態についても研究を続ける。

 

 

ワークショップ @そごう横浜 

日時:3月24日(土) 11:00~ 13:30~  16:00~
場所:3階中央エスカレーター海側 特設会場 (〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2-18-1) 
協力:装花TOKYO