1アイテムにつき100円が寄付されるピープル・ツリーの秋冬フェアトレードニットが登場!


_DX_1585

Some rights reserved by ピープル・ツリー/

朝夜の冷え込みを感じ始めた今日この頃、自然と二ットを手に取りたくなる季節になりましたね。世間には多くのニット製品が出ていますが、ソーシャルビジネスに興味がありエシカルなニットを着たいあなたに朗報です。

フェアトレードファッションのパイオニアのピープル・ツリーでは、ネパールの人や動物や環境にも優しい手編みニットが今年も登場しました。このニットの優れた点を3つに別けてご紹介します。

2015AW-279

Some rights reserved by ピープル・ツリー/

人に優しい点:

ピープル・ツリーのニットはほとんどがネパールのクムベシュワール・テクニカル・スクールという生産団体によって作られています。生産者さんは、都市部へ出稼ぎに行くことなく、自分の家などに集って商品を編んでいます。よって、家事や学業と両立しながら仕事に取り組めるという好循環を生み出しています。

動物に優しい点:

一般的な羊毛は、刈った毛量により賃金が決まるという人間の都合で、不自然に皮膚を拡張させ毛の重量を増やす品種改良の結果、羊の心臓は負荷がかかり病気や死に至る場合があります。

さらに毛の重量を増やされた羊はウジの発生を招き、それを防ぐため、ミュールジングと呼ばれる麻酔もかけずに尻尾と肛門の周りの皮膚を削ぎ切る処置をされる場合があります。効率だけ

手袋

Some rights reserved by ピープル・ツリー/

を追求した結果、深刻な動物虐待につながっているケースがります。こういった観点から、ピープル・ツリーの商品で使用されている毛糸は動物愛護の観点からも配慮された毛の刈り取り方法を採用しています。

 

最後に環境に優しい点:

毛糸はシーズン毎に企画されたアイテムに合わせて染色しますが、使い切れない余りの毛糸を捨ててしまうのではなく、たくさんの色を組み合わせて新たなアイテムを作り、リサイクルウールとして活用しています。また、色合わせはネパールの作り手さんの感性で選ぶため、一つ一つに個性が光る商品に仕上がっています。作り手さんがどのように制作しているか想像しながら商品を選ぶのも楽しい買い物につながるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

さらに、ピープル・ツリーではネパールで作られたファッションアイテム1つにつき100円を寄付するプロジェクト「WALK with NEPAL」を実施し、今年の4月25日に発生したネパール地震の震災復興の長期支援を行っています。

walk with nepal

Some rights reserved by ピープル・ツリー/

 

 

ぜひ、人や動物や環境に優しいピープル・ツリーのニットを着て、寒い季節をあたたかく過ごしませんか?

 

購入はこちらのサイトから: ピープル・ツリー公式WEBサイト