EFJ代表・イオのブログ

エシカルの基本の「き」


最近、めっきりブログを書かなくなっていたけど、また復活させます!

5月がめちゃめちゃ忙しすぎて、5月病を飛ばして、6月病にかかっていたのでは?というくらい最近テンションガタ落ちな毎日でしたが、週末にようやく晴れの日が続き、やっとポジティブな気分が戻ってきました!!やっぱり人間は日光に浴びないといけませんね。

 

写真 2015-07-11 12 37 26

先日あるチャリティーイベントに販売ブースとして参加させていただきました。2年前の初回にも一度参加させていただいたのですが、その時よりもさらにパワーアップしていましたし、また初回から参加されているボランティアメンバーさんが継続して参加されていたというのが印象的でした。また、この全体のきっかけは代表1人の熱い気持ちからはじまっていて、それがこういう形で成果物としてあがっているのはとてもすばらしく、その思いや情熱に久しぶりに心を揺さぶられました!

 

では、なぜ私が感動したのか?というと、個人的な意見にはなりますが、私は「チャリティー」って一言聞くと、少し怪訝してしまっていました。それは、「チャリティー」という言葉を使っているだけで、何か世の中に良い事をしていると漠然的に訴えている感じがする。はたしてそれがどういう形でどのように使われるのか?それがどんな人たちに渡り、どのような機会をつくるのか?などきちんと見えなかったからだと思うのです。どこか偽善的な言葉に聞こえてしまっていました。一例でいうと、「世界のどこかのとてもかわいそうな人達のために…」という、普段一般的に使われやすいフレーズですが、コレがとても漠然としていて、自分ごとにできなかったのが原因だと思うのです。今回のイベントではどのような場所で何を達成するために、いくら必要。そこに参加するメンバーや、これからどのような報告があるなどを説明していて、とても解りやすかったと思いました。

 

私は常々、エシカルの基本のきは、「透明性」だと言っていますが、まさにその透明性がクリアーに表現されていたので、納得しましたし、そのようなイベントに参加できた事を単純に嬉しく思いました。

 

写真 2015-07-11 19 55 44

前のブログで幸せの4か条を書いた事がありましたが、まさにその中の一つの「自分が誰かのためになれた事」が今回の私のハッピーポイントにつながったのだと思います。その「誰か」はanyoneではなく、説明をきけた事でsomeone I knowに変わったのだと思います。自分がその一役たてた事に嬉しく思い、この高揚感で自分もがんばろう、次につなげよう、何かしようと思えるという事です。

 

数字や目的達成などもちろん、ビジネスにおいて必ず考えないといけない項目ももちろんありますが、そればかりではなく、やはりこういった高揚感が一番人を次のステップに向かわせてくれるのではないか?と思いました。

EFJもそういった存在にされるように今後したいなぁーと漠然的に思ったのと同時に、気づけば6月病におさらばしていた日になりました。

Related Posts
    None Found