EFJ代表・イオのブログ

世界で一番素敵な服をつくる!

  • Written by io

最近、クリエイティブな方々のお話を聞く事が多かったのですが、その中で感じたお話を今日はしようかと思います。

クリエイターと一緒にいるとやはり、何かの力をいつももらえます。それはなぜかと考えてみると、やはり彼らの力の源は熱い魂のような、何か言葉にはできない希望や感情などをみんな心の中に秘めていて、夢の話や専門分野のお話になるとみなさん真剣に熱く語ってくださいます。それらのお話は、ズドンと心に響く何かを持っていて、その真剣な表情を見ているだけでもなぜか、「おお!」と心引かれるものがあります。

先日、そういったパワーは本当にすごい力があるんだとあらためて実感して、これをなんとかエシカルを伝える活力にできないかなと思いました。実際、その場にいて、むかしなぜ、私がエシカルをキラキラしたものに思えたか? と、考えさせられました。それはエシカルというやり方がとても新鮮でかつ、私に挑戦をしてくれた存在だったから。それが生きがいになり、まだ見えない目標に向かって先に先にと進んでいけたんだと思います。エシカルの存在は、私の中で、いまでも変わりません。新鮮で常にかたちを変えていくもの。それをどう表現できるかが私の挑戦であり、楽しみでもあります。また、エシカルのやり方は常にアップデートされていて、新しい素材やアイデアがどんどんでてくるのも私がおもしろいと思う1つの理由です。

エシカルはよく、「昔の考え方と同じで……」とお話される方も多いと思いますが、もちろんそれも正しいと思います。ものがなかった時代には、工夫して長持ちさせたりは当たり前のようにやっていたことで、どこかでまだ人間の中にあるものだと思います。しかし現代の社会は、その当時とは事情が変わってきています。いまは、ものが溢れています。溢れすぎて、ゴミの問題に困っているような時代です。そんな時代だからこそ、いまできる工夫の仕方で挑戦し続けないといけないのだと思います。最新技術を取り入れるのも良いですし、いまの時代に合うような工夫の仕方を見いだして、新しいことをやり始めないといけないなと思いました。
DSC_0065

先日、ステラマッカートニーさんと滝川クリステルさんの講演を聞きに行きました。そのときは、彼女たちの共通点でもある、エシカルについてのお話をされていたのですが、MCの方の「エシカルなものづくりについてどう思いますか?」という質問に対して、ステラさんはこんなことを一番におっしゃっていました。

「私はまずはじめに、ファッションデザイナーです。人の心が動く商品をつくりだせなければ、全く意味がないのです」

ステラさんは、動物の皮革を使わないことでも有名ですが、その前に彼女が一番大切にしていることは、お客様が「欲しい!」と思う商品をつくること。これは当たり前の事ですが、すごく難しいことでもあります。しかし、デザイナーという職業を選択したのであれば、やはりそこは信念を持ってやってほしいです。「世界で一番素敵な服をつくる!」と断言するようなデザイナーが、今後もエシカルなやり方でいろいろな洋服をつくりつづけていってくださることを、私は願います。
写真 2014-07-18 12 03 13

Related Posts
    None Found