HOW WOULD YOU MAKE ME A PRINCESS?

イケメンカレンダーJUNE~ アーティスト NAOMI KAZAMAさん


2013年2月に開催された展示会でライブプリンティングを行うNAOMIさん。

2013年2月に開催された展示会でライブプリンティングを行うNAOMIさん。

毎月1名、エシカルイケメン男子をご紹介する本企画「How Would You Make Me a Princess?(私をどうやってお姫さまにしてくれる?)」。6月は、ライブスクリーンプリントを通じてオーガニックコットンの認知度・使用率を上げること、そして着なくなってしまった物などをアップサイクルすることを伝えるプロジェクト「Big-O project」を手がけるアーティストのNAOMI KAZAMA(ナオミ・カザマ)さん!
NAOMI KAZAMA
鎌倉生まれ。93年にカリフォルニア州サンディエゴに渡米し、ストリートアートの先駆者・シェパード フェアリーに出会い、シルクスクリーンを学ぶ。2001年、東京・中目黒にストリートギャラリー「大図実験」を展開するほか、ニューヨークのペインティングコラボレイティブ バーンストーマーズへの参加など国内外にて作品を発表。2012年からライブスクリーンプリントを通じてオーガニックコットンやアップサイクルのメッセージを伝えるプロジェクト「BIG-O project」を開始。
Website: http://www.experimentalwaltz.net/
Q. NAOMIさんはアーティストとしてのご活躍以外に、オーガニックコットンを伝える目的で、路上や店頭でTシャツにライブでスクリーンプリントを施す活動も行っています。そもそも、ライブの活動を始めたのはなぜですか?

いまのライブスタイルになった最初のきっかけは、たまたまですね。6年ほど前、「知り合いのパーティーでこういうのやるから、いっしょにやってみない?」って軽く誘われたんです。いままでは、作品だけが世に触れていたのですが、僕自身が人の前に立ち、ダイレクトにコミュニケーションを取りながら作ったのがとても楽しかった。

2012年には「Patagonia」などのサポート受けて、全米21カ所で、このライブスクリーンプリントのツアーを行ったのですが、ツアーでみなさん、オーガニックコットンを選択することがなぜ大切なのか、それを選択することでどのようなメリットが得られるかをすでによく知っていらっしゃったんですよ。それに感動して、その年の10月からPatagoniaのストアにて、メッセージを伝えるきっかけとしてライブスクリーンプリントを行う「BIG-O project」を開始したんです。

Q. 2010年には「Seapple」というオリジナルのオーガニックコットンブランドも作ってらっしゃいますが、オーガニックコットンとの出会いは?

オーガニックを知ったのは、ライブプリントを始めるよりも前で、2003年頃でした。中目黒でギャラリーサロンをしていたときで、上のフロアに友人がオフィス入居していたんですが、その友人がインドでオーガニックコットンを仕入れて販売していたんです。彼女の話を詳しく聞いて、オーガニックのほうが良いって思ったんです。

僕が思うに、みんな自分が生きている領分の中が「全て」で、その価値観でものごとを判断していると思うんです。だけど一歩その外に出ると、自分のスペースからは見えなかった「本当の世界」みたいなものがあるのだと。そこで少なくとも、コットンにはそういうことがあるから、オーガニックというリアルを伝えたいと思ったんです。
Message_by_hand_newest

自分が生きている領分の中で醸造された価値観が自分の理想となるけれども、本当の現実とはギャップが生じてしまう。理想と現実のギャップを受け入れることができなくて、ギャップが存在したまま、自分がいつか死んでしまうのは、「なんだったんだ自分の人生は」となってしまう、と感じています。
だからオーガニックコットンを伝える活動は、自分のためにやっています。だけどおもしろいところは、自分のためにやるのですが、自分だけでは解決ができないところなんです。

Q. 大切な人へのプレゼントには何を贈りますか?

昔は何か作ってあげたりとかしてましたけど、けっきょく一人よがりになることが多いから、最近は手紙を書きます。思ったことをつらつらと。「いつもありがとう」とか、ふだん口に出さないことを、言葉にして伝えます。

Q. ご自慢の品を教えてください。

トーキング・ヘッズのボーカル、デヴィッド・バーンのサイン! たまたま東京で会って、たまたまポケットに石を持っていて、その石にサインしてもらいました。
IMG_20140620_203012

Q. どんな老後を過ごしたいですか?

いまの延長線なんだろうなと思っているんですけど、制作をしたり、路上に立ってプリントを通じて人とコミュニケーションを取ったり、活動を通じて知り合った人たちとまた新しいプロジェクトを始めたり……小さくても良い。自分の周りにいる人たちと良い関係でいながら、自分のやるべきことができるのであれば良いですね。

あんまり「こうじゃなきゃいけない」「こうなりたい」と、強く思うことはないんです。人には体一つしか与えられていません。この体一つでできることは限られています。活動の範囲を広くしていくよりも、深くしていきたいです。
naomi-kazama-hands

もっといろんな国へ行って、ライブプリントをやりたいですね。プリントするメッセージの言語は変わるでしょうけど、Tシャツは全世界の人が着ているものだし、僕が言っている内容も「足るを知る」という人類がみな共有できるメッセージだと思う。

「足るを知る」ことができれば、全て解決すると思うんですよ。Tシャツも当たり前にオーガニックになりますし、ものを大切にすることにもつながると思います。その共通のアイテムとメッセージを伝える中できっとまた新しい動きが生まれるでしょう。そうしてまたいろんな人と出会って、また新しい土地へ行きたいですね。

Interview: io Takemura