EFJ代表・イオのブログ 4月

売らないと意味がない!? 「売る」ということ

  • Written by io

最近、エシカルの販売をする機会がたくさんあり、「売る」ということに対して考えてみました。4月10日から2週間にわたり東急百貨店東横店でのポップアップショップでエシカルな物を集めて販売していたのですが、連日商品の説明をし、どうお客さまに買ってもらうかを研究していました。販売員のバイトをしていたときに教わった知識を活用しながら、あともう1点購入してもらうにはどうするかとか、こちらの商品でなければあちらの商品ではどうかと、いろいろ提案してみたり……すると、「もしかして私、『買わせて』いるんじゃないか?」と思うようになったのです。

私はお客さまが本当には必要としていないものを買わせているのか? 不必要にそそのかして買わせているのか? そうなれば、「BUY!BUY!BUY!」と煽って買わせる販売と変わらないじゃないか? ーーそこで、なぜ販売する意味があるのかを考えてみたのです。私たちは売ることによって、何を提供できたらHAPPYにつながるのか。

まず1つに、商品を通じてエシカルなやり方があるということを知っていただけること。ただ「かわいい」と思って購入した商品が、実はエシカルなやり方で作られていた。ファッションの裏はこんな問題があり、その解決方法としてこの商品ができあがったんだ、ということを感じていただけること。

もう1つは、作り手さんのことを考える。工場の人や職人さんが丹精込めて作った商品が売れ残ってしまうという現状は悲しいですし、なによりその商品が売れることこそ、彼らの生活を支えているのだという「つながり」を感じていただけること。特に、エシカルなものづくりではトレーサビリティが根幹にあるので、商品に携わった人が誰なのか、はっきり「つながり」が分かります。その方々のために、商品が売れて発注がさらに増えるという良いサイクルになると良いです。

だからこそ売るときにも工夫をしていかないといけないと思いました。お客さまに合わせて、商品説明の内容は変えていましたが、「なぜその商品が生まれ、なぜここで売られているのか」という根本的な情報が、お客さまに伝わるようにしていかなければならないと思います。来客されたお客さまが、見ても読んでも着ても楽しいーーそんな店作りをしたいと思いました。
OLT
次回の売場は「ORGANIC LIFE TOKYO」です。
マルシェ的な感じで3日間エシカルな商品を販売します! ここでも、楽しいエシカルファッションを提案できればと思います。

Subscribe

この記事の続きをお読みになるには、無料会員登録をしていただく必要があります。
You have to subscribe (free) to read the full article.