エコガールズなおの「おしゃれじゃなきゃ意味がない!」No.1

Timberland 展示会で見つけたエシカル!


はじめまして! エコガールズのなおです

nao
はじめまして! 「エコガールズ」の阿久津 奈緒(あくつ なお)です。「エコガールズ」とは、環境問題について、未来を担う若者たちに分かりやすく伝えようというコンセプトの下、つくられたガールズユニットです。ときには、エコソングを歌うミュージシャンに変身します。

私は、「おしゃれなエコは世界を救う(サフィア・ミニー著/日経BP社/2008年)」という本に出合い、『エコって、私たち人間が汚してしまった地球を元に戻せる希望をもたらすモノなんだ。しかも、ファッションで世界が救えるの? 本当?』といった好奇心でここまで活動してきました。ただいま絶賛! おしゃれで地球に優しいエコガールを目指し中です。また、音楽を通しても環境について伝えていきたいと思っています。

この連載は、さまざまなおしゃれスポットをレポートしながら、みなさんといっしょにエコガールとして成長していくというものです。連載第1回の今回は、アウトドアブランド「Timberland(ティンバーランド)」の展示会に行ってきました。どんなファッションに出合えるのでしょうか!?
nao1

試着! Timberland展示会

私の中でTimberlandは、”ようちぇけらっちょ!”なイメージ。それもそのはず、どうやらブランド創立当初の頃、ニューヨークやニュージャージー州、コネチカット州のアフリカ系アメリカ人の間で人気だったからのようです。でも、もともとはアウトドア用品としてつくられたそうで、1973年に世界初の完全防水レザーブーツを誕生させたそうです。

Timberlandは社会貢献活動に積極的に取り組んでいることでも有名。その姿勢は、毎年ランキングなどでも評価されています。それは創業者がずっと企業の社会的責任を唱えていたからでしょう。そのDNAもあり、Timberlandは数々のエコアイテムを生み出してきました。

nao2
例えば、この写真で履かせていただいたヒール。こちらは、Earthkeepers(アースキーパーズ)™シリーズの商品で、レザーワーキンググループの厳選な環境基準をクリアしてシルバーランクを取得しているエコアイテム。「地球を守る(キーパー)」という意味を持つこのシリーズは、トングサンダルにスニーカー、女性向けのヒール(8月発売予定)など、バラエティ豊富なライナップになっていますが、そのどれも環境に配慮した素材を採用しています。今回試しに履かせていただいたものは、メッシュライニングとフットベッドカバーが100%リサイクルPET素材からできています。

「ウィンゲイトアンクルハイカー」(¥19,950-)

「ウィンゲイト アンクル ハイカー」(¥19,950-)

履き心地も歩き心地も、最高。かわいくて実用性にあふれるエコアイテム。これからの未来の会話で、
A「この靴、何の素材で出来てるの?」
B「ペットボトルだぜ」
A「ペットボトルってまじ履き心地最高だよね」
B「うん、激アツ」 的な会話ができる時代になること間違いないでしょう。

服と漁業のドキドキ関係

次はこの服。こちらは何でできているでしょうか?
image (2)
漁網です。そう、魚を捕るための網です。

ここからは少しまじめな話。世界の海では、大量の廃漁網が発生し世界的な海洋環境汚染の一つになっているそうです。悪天候で流されたり捨てられたりして海に放置され、その総量は年間で推定64万トンと推定されています。これらに魚類や鳥類が引っかかり、生態系に深刻な影響を与えているのです。

こうした事実を、みなさんは知っていましたか? 私は、知りませんでした。魚や鳥のことを考えると心が痛いです。でも、こうやって服を通して知ることができた私たちは、とてもラッキーです。

このジャケットはもちろんアウトドアブランドならではの速乾性・耐久性があり、透湿性も十分。でもこうして服の作られたストーリーを知ったうえでお買い物することで、モノに対しての愛着やこだわりが生まれることはすてきなことですね。この漁網についての活動は、日本ではまだまだ活動が少ないそうです。ぜひ、みんなでシェアして広げていきましょう!

何がエシカルで、何がエシカルでないか

1社だけでも、こんなにたくさんの取り組みが可能! これだけでもエシカルの範囲、つまり「できること」って幅広いのだな、と感動します。でも、それゆえに「何がエシカルで何がエシカルじゃないの?」と戸惑ってしまうことも。しかしまずは、自由にエシカルなアイテムを取り入れて着たり履いたりを楽しむことが、エシカルと仲良くなる一番の方法なのかなと思います。それから少しずつアイテムを通じて、自分のエシカルを見つけていけばいいんじゃないかなって。逆に自分でルールとか概念とか作ってもいいのかもしれません。

これからもエシカルと親しみながら、たくさんの方にエシカルをおしゃれで地球に優しいモノなんだと知ってもらえるように、「アグレッシ部」に活動していきます。「アグレッシ部」は、ラッパーMCのKREVAさんの曲のタイトル。

一歩一歩 意志表明 悔いのないように 生きようぜ 感謝の気持ちを忘れずに かつ姿勢はアグレッシブ
(「アグレッシ部」All Music & Words by KREVA/2007年)

と、いった歌詞があるのですが、わたしのエシカルへの姿勢はこんな感じです。

ただ生きるだけでなく、かつアグレッシブに。ただおしゃれをするだけでなく、かつ地球に優しく。みんなでエシカル「アグレッシ部」に入部しましょう!


特別に試着させてくださったTimberlandスタッフのみなさま、ありがとうございました☆

Related Posts
    None Found