〜2013/5/28

銀座三越「A_DDICTIONARY」×「rooms」 の限定エシカルショップ


VD3XCweYk1Cg79ZIkttQr-8LTL3JWTnLQEcBGKVdYEs
日本のファッション、デザインの発展と、世界への発信を目指して2000年より開催されている日本最大の合同展示会「rooms(ルームス)」。そんなroomsのエシカルエリアと銀座三越5Fアディクショナリーとがコラボレーションし、「エシカル」を切り口としたブランドを世界中からセレクトした期間限定ショップを展開しています。

DATE:5月13日(Mon.)~28日(Tue.)
PLACE:銀座三越 5階 アディクショナリー
HOUR:銀座三越に準じる

今回roomsエシカルがセレクトしたブランドは、人気上昇中のエシカルジュエリー HASUNA(ハスナ)やフェアトレードで、南米グアテマラの人々が手作りするのWAKAMI(ワカミ)、天然素材と日本産にこだわりながらモード感を持つCil(シル)、フランスのエシカルブランドで日本では取扱い店が殆ど無いアパレルアイテムなど、通常のエシカルイベントでは見られない売場となっています。

その限定ショップにEFJ代表・イオも大興奮。「5階のエスカレーターを上がるとすぐにあるスペースですぐ大人っぽく洗練されたエリアが広がっています。銀座三越らしい高級感もありつつ、エシカルをかっこよく伝えるためにあえてマネキンを使用せず、空間全体で表現するインスタレーション方式で斬新なスペースに仕上げているのが、さすが時代の最先端を常に行くH.P. Franceだと感動しました」。

右は廃棄花を使って製作しているnoocaのアクセサリー 。 左にはCilのカットソーが。

右は廃棄花を使って製作しているnoocaのアクセサリー 。 左にはCilのカットソーが。

イオが個人的に気になったのはCilとSobosibio(ソボ シ ビオ)のよう。
「Cilは、天然素材を使用していますが、着心地が最高! 例えばユーカリが持つ特有の肌触りや細部のクオリティーを考えると値段もリーズナブルですし、おススメ。Sobosibioは、天然染めにこだわるフランスのブランド。こんなに鮮やかな発色なのがすごいです!」。

「このカラフルなラックに目が吸い寄せられますね」と、イオ。

「Sobosibioのこのカラフルなラックには目が吸い寄せられます!」と、イオ。

「Sobosibioは、名古屋のエシカルペネロープというお店で売られているブランドなのですが、東京で買えるのは今だけなので、ぜひチェックしてみてほしいです!」

取り扱いブランド(順不同)
<アクセサリー>
HASUNAnoocaWAKAMI 
<アパレル>
les Racines du Ciel(ラシーヌ・ドゥ・シエル)SobosiBioCilAu Fils d'Elise(オウ フィル デリーズ)OminiPeace