Ethical People Snap〜2013年5月10日エシカルコットンサミット


2013年5月10日は『コットンの日』。この日リー・ジャパン(株)、認定NPO法人ACE主催による「エシカルコットンサミット」が、目黒のHub Tokyoにて開催されました。EFJ代表・イオもスピーカーとして登壇致しました。
エシカルな人々が集うこの場所で、今回Ethical People Snapを敢行! ハイセンスなエシカルアイテムをご紹介します☆

(写真・文:Shota MATSUSHIMA)

1.辻井 隆之さん(パタゴニア日本支社 支社長)

cotton summit (1)
シャツ、パンツ、シューズ、ともにパタゴニア。辻井さんのスタイルを見て、持続可能な消費を実現できるブランドであるパタゴニアをますます好きになりました!
→Patagonia Japan Website

2.生駒 芳子さん(ファッションジャーナリスト)

逕滄ァ偵&繧・2-1
逕滄ァ偵&繧・2-2

三宅一生さんによって手掛けられた、再生ポリエステルを用いたドレスと、リサイクルヴィンテージの3Rリユースネックレス。モードに仕上げておられるのはさすが! 当日は「エシカルを着た悪魔」になったワケをトークされました。

3.ジュリア ナシメント サントスさん(文化学園大学大学院 学生)

cotton summit (2)
フェアトレードブランドの代表、People Treeのワンピース。オーガニック製品が豊富なブラジル出身のジュリアさん。ファッションのみならず、日常生活の中でエシカルなモノを選択することが「当たり前のこと」なんだそう。
→People Tree

4.平沢 志保さん(ティンバーランドジャパン 勤務)

cotton summit (4)
リサイクルラバーを使ったアースキーバーズ™シリーズのシューズ。この足もとに、世界を変える可能性が詰まってる! 種類も豊富なので好みの一足が必ず見つかりそう!
→ティンバーランドのアースキーパーズ™シリーズ

5.村山さん(パタゴニアジャパン 勤務)

cotton summit (5)
パンツ、リュック、ともにパタゴニアのアイテム。

6.清水 駿成さん(文化服装学院 学生)

cotton summit (8)
ロングTシャツは、お気に入りのアイテム。エシカルスナップにいつもご登場ありがとう! いつお会いしてもエシカルな装いがキマってます。

7.衣田 雅幸さん(グレイドネイチャー株式会社 Kinuur®PROJECT デザイナー エコアート作家)

cotton summit (10)cotton summit (11)

味わいたっぷりのリージャパンのデニム。リージャパンのアイテムのデザインもされている衣田さん。この日穿かれていたデニムも、独特な味わいと温もりがたっぷり。

8.横田 寛さん(武蔵大学 学生)

cotton summit (12)
cotton summit (13)
バングラデシュのジュート(麻)やレザーを用いて作ったアクセサリーブランド マザーハウスの財布とキーケース。「長く付き合うモノ」には、エシカルのエッセンスがひそみます。

9.近藤 健一さん(大正紡績株式会社 取締役営業部長)

cotton summit (14)
世界の繊維業界が注目する糸のスぺシャリストであり、『オーガニックコットンの神様』でもある近藤さんは、シャツ、パンツ、ソックスともにオーガニックコットン使用のアイテム。スタッフさんと談笑中のところをパシャリ☆

10.粟野 龍亮さん(URBAN RESEARCH -かぐれ-スタッフ)

5_10繧ウ繝・ヨ繝ウ繧オ繝溘ャ繝・11
天然素材のリネンを使用したシャツ。シューズデザイナー 金井 仁氏による古典的なデザインをベースとし、新しい要素を少しだけブレンドしたブランド スペースクラフトの革靴。
→かぐれ のオフィシャルサイト

11.目崎 梓さん(筑波大学 学生)

cotton summit (19)
捨てるはずのB品のスカートを自分なりにアレンジしたもの。広い視野でモノを見れば、「いらない」は減るかもしれませんね!

12.堀江 正通さん(第一紡績株式会社 勤務)

cotton summit (20)
無撚糸を使用したパーカーは、長年愛用しているもの。Tシャツは、自社フェアトレードブランド simple mind FAIRy(フェアリ)。堀江さんの勤める第一紡績は、国内で初めて国際フェアトレード認証・ライセンスを取得した企業!

13.瑞岡 さやかさん(COMPTOIR DES COTONNIERS スタッフ)

cotton summit (22)
「I’m NOT A Plastic bag」と刺繍されたアニヤハインドマーチのメッセージバッグ。「エコバッグ」をトレンドそしておしゃれアイテムに変えたのはこのバッグだったのではないでしょうか。一人ひとりのアクションが積み重なって大きなムーブメントになる!

15.細川 秀和さん(リージャパン株式会社 取締役・ディレクター)

cotton summit (17)
そして当日、ファシリテーターとして会場を盛り上げていた細川さんは、今回の主催者のお一人。古着のジャケットにリージャパンのジーンズ。「本来ジーンズは、穿き古して育てていくスローなアイテムだったのが、いつしかファストファッションのアイコン的存在となっています」とも以前語っておられた細川さんの異名は「エシカル王子」!。
→Lee Japan Official Website

いかがでしたでしょうか?エシカルにもさまざまな定義がある中で、コットンの日であるこの日はオーガニックコットンを使用したファッションを選択する人が多く見受けられました。
今後もさまざまなエシカルのカタチを今後もお伝えしていきます☆ 次はあなたもぜひ!

(掲載順順不同)