Step4 捨てずに直す


ethical challenge cover

筆者:弓華きわ(仮)

美術と服飾の学校を卒業後、アパレルに勤務した経験があり。

約3年と短い期間中だが、店舗での販売、生産管理、バックヤードスタッフ(ひたすら届いた商品をストックする業務)、デザイナーのアシスタント等・・・数ブランドで、アパレルの様々な業務を色々と経験する。

性格は、よく「変わっている」と言われることが多い。とにかく楽しいコト、ワクワクするコト、整理整頓が大好き。

インドアなので、部屋にこもって何か作ったり、海外ドラマのDVDを観て過ごすのが定番。

数年に1度、ヨガに行くのが楽しみな、現在エシカル勉強中のアラフォー。

今回は、着れなくなったモノ・着なくなったモノを新たに生まれ変わらせるべく・・・
お直しについて調べてみました。

Some rights reserved by Anton Vakulenko

今までも、洋服のお直し屋さんにはサイズ直し・丈詰めなどで利用する事がありましたが、今はリメイクまでしてくれるんです!!
ひと昔前のコートのシルエットを直してくれるぐらいのイメージはありましたが、2枚の洋服を合わせて1枚のデザインにしたり・・・すり切れたデニムの破れ直し・・・デニムのパンツをスカートに・・・小物(バッグ、ポーチ、テディベアなど)作成・・・着物をワンピース・フォーマルドレス・ジャケット・アロハシャツにしたり・・・様々な事が可能になっていました。
お気に入りのアイテムを永く着る為には、とっても心強い存在です。
特に、あまり着る機会のない着物のリメイクは、普段使いをする事で和モノを身近に感じれますし、オリジナリティを出しやすく、人と被らない着こなしが出来ますよね。

ネット上でもリメイクのサイトや本も沢山出てるので、見ながら自分でお直しするのも愛情がさらに深まり、楽しくて良いのですが・・・
洋裁の知識があっても表現が難しく分かりづらかったりするので、自分に合ったサイトや本を探してみるのがまず大変。。。せっかく本を購入しても、難しくて手を付けれなかったり・・・ミシンが無かったり・・・こんな経験ある方も多いのでは?
なにしろ、時間も掛かる事なので・・・
そんな時はお直し屋さんを利用するのがお勧めです♪

昔は、家の近くの商店街の中に、個人のお直し屋さんやテーラー(紳士服の仕立屋)がありましたが・・・よく、高校の制服のスカートを短くして貰ったものです(笑)
今ではあまり見かけなくなりましたね・・・
現在、私の住む街にはチェーン店のお直し屋さんが5件ありました。
(百貨店、ファッションビル、ショッピングモールには併設されている様です)

 

お直しコンセルジュ ビッグ・ママ

マジックミシン 洋服のお直し

お直しサロン アン・コトン

おしゃれ工房

洋服のお直し専門店 銀の糸

この中のまだ行った事のないお直し屋さんに、以前アウトレットで購入したハイブランドのサイズ直しが必要なワンピースを持って行ってみました。

山かよイラスト マルニドレス 1

まず、お店に着きサイズを詰めて貰いたい旨を伝え、ワンピースを出した所、フィッティングルームでの着用を勧められました。(フィッティングルームの無いお直し屋さんもある様です)

着用後、サイズ感を見て頂きサイズ調整(待ち針で仮止め)・・・

デザインが凝ったワンピースだったので、どういったお直しになるか・・・デザインは崩れないか・・・なにより料金はどれぐらいかかってしまうのか・・・心配だらけでしたが・・・

 

肩紐の長さを短くする!!

 

という事で解決。

もし、脇とか切替えの所で詰めるとしたら、デザイン的に沢山ほどかなくてはならず・・・縫い直す事になり、かなりの料金がかかってしまうとの事でした・・・

そうなると、数年前の悪夢(?)が蘇るところでした・・・

以前、これまたアウトレットで購入したスーツ¥3,000(ジャケット¥2,000・スカート¥1,000)のスカートのみサイズ直しをして¥3,000かかった事がありました。

洋服の購入金額はともあれ、お直しの過程・手間は一緒なので当り前と言えば当り前なのですが・・・なんか・・・もどかしい気持ちになったんですよね・・・

 

山かよイラスト トレンチコートついでに、以前登場した10年以上着ているトレンチコートですが・・・

衣替えついでに点検したところ、袖口が擦り切れている事が発覚・・・

これは大変!!どうにかしないと!!

私の浅い考えでは、ただ袖丈を七分丈にする・・・?

それか、思い切って両袖を外しお洒落なベストにする・・・とか?という感じだったので、トレンチコートのリメイクの可能性(?)をお店の方に相談してみたところ・・・

袖口の擦り切れだと、擦り切れ補強というお直しがあり、袖丈が5mmぐらい短くなる程度で済み、袖口のベルトの移動も不要で、料金も¥3,000ぐらいで出来るそう。

袖丈を七分にするとなると、袖が短くなった事によりシルエットが変わるので、袖の幅(太さ)の調整や、肘の曲げ伸ばしの関係でスリットを入れた方が着やすくかったりと・・・

となると、創造よりかなり大掛かりなお直しが必要となり、料金もだいぶかかってしまうとの事。

ベストにするのは可能だけど、両袖を外すとなると料金が¥5,000ぐらいかかるとの事。

なので、お勧めとしては現状のトレンチコートを生かし、トレンチコートとして着る事。

袖口の擦り切れ補強が一番良いのでは!?とアドバイスを頂きました。

とりあえず、ワンピースは肩紐の長さ調整をお願いし、トレンチコートは保留にして良く考えてみる事にしました。

 

とても親切・親身に相談に乗ってくれました。

今までは、デニムの裾上げとかだけだったので、こんなにコミュニケーションを取ったのは初めてです。お直しの素人としては、とっても安心してお願いする事が出来ますよね。

一週間後の仕上がりが楽しみです。

 

お店によって出来ること・出来ないことがありますので、事前に調べてみると良いです。

お店の方とよ~く相談をして、お気に入りだったアイテムを素敵にお直し♪

衣替えに合わせてやってみてはいかがでしょうか。

 

スクリーンショット 2017-06-17 11.14.07色々調べている中で、おもしろい本と出会いました。

“服を10年買わないって決めてみました 買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ”

(どいかや/著)

題名からして「私には絶対ムリ」と思ってしまったのですが・・・

作者が3つのルールの基(くつ下・下着・靴は買ってよい、人からもらったものはありがたく着る、無理はしない)苦痛な感じ一切なく、とっても楽しく10年間過ごされていた事が潔く、好感が持てました。

自称:物欲モンスターの私だったら「10年間服を買っちゃいけないんだ・・・」となり・・・“服を買う資格がない人間”=買物に行く必要がない・・・

と卑屈になってしまい、人と会うのも嫌になり、きっと引きこもってしまうと思うのです・・・

しかし、本の中には可愛いイラストと共にほっこりしてしまうアイデアと、お手軽でいて斬新なリメイク方法にビックリ!!

作者の人柄や、とりまく優しい空気感が伝わって来て、とてもあたたかい気持ちになりました。

そして、これはなんて壮大で素敵な試みなんだろうと・・・

 

本を読み終え、改めて「私にはムリ」と思いましたが(笑)、何より楽しみながら環境に良い事が出来るというのが理想的で、そうあるべきだと感じました。

でも、1年間とかなら挑戦できるカモ・・・

 

今あるモノを大切に、生かすというのも大事なこと。

考えながらおしゃれを楽しむ。

お直し・・・お気に入りの洋服の寿命を延ばす。

これからもっと身近に・・・もっともっと需要がありそうです。

 

久しぶりにミシンを出してみようかな・・・

Subscribe

この記事の続きをお読みになるには、無料会員登録をしていただく必要があります。
You have to subscribe (free) to read the full article.