rooms34 エシカルエリアの企画展示をEFJがプロデュース!


スクリーンショット 2017-02-08 15.05.14

Some rights reserved by rooms

Capture d’écran 2017-02-11 à 2.33.12 PM

2017年2月15日(水)~2月17日(金)にファッション業界関係者向けに開催されるファッションとデザインの合同展示会「rooms 34」。今年はエシカルエリアに、EFJがプロデュースする企画展示が登場します。企画展示では、EFJが掲げる9つのエシカルのやり方をわかりやすくビジュアルで表現し、それぞれの分野を実践しているブランドを一緒に紹介。バイヤーとエシカルなブランドを繋ぐ場を提供します。

また、各カテゴリーのエシカルを表現するマネキンのヘッドピースを、EFJ代表 竹村伊央が作成。ヘッドピースの中にはアーティスト・芝辻ペラン詩子氏がある仕掛けを施しており、「お勉強」や「堅苦しい」というイメージを持たれがちなエシカルを楽しいビジュアルで演出しています。肩の力を抜いて楽しみながら、登場するエシカルなファッション・ブランドのコンセプトやそのデザインに触れられる場を提供できればと思っています。

 

登場するブランドをエシカルカテゴリー別にご紹介!

EFJの展示でご紹介するブランドは

ピープルツリー(FAIRTRADE)/ アトリエfuwari(ORGANIC)/ NADENA(UPCYCLE)/ Green Down Project(SUSTAINABLE MATERIAL)/ marimomen(CRAFTMANSHIP)/ SEEDS BY PHUHIEP(LOCAL MADE)/ VEGANIE(ANIMAL FRIENDLY)/ elementum(WASTE-LESS)/ R ethical(SOCIAL PROJECT)の9つ。そのうち、以下の6つのブランドの担当者と直接話をすることができます。

 

ピープルツリー(FAIRTRADE)

ピープルツリー

ピープルツリーは、つくる人と着る人の笑顔を繋ぐフェアトレード専門ブランド。フェアトレードファッションのパイオニアとして、日本とヨーロッパを中心に世界13カ国に笑顔から生まれたオリジナル商品を展開しています。フェアトレードのお買い物は、日々の暮らしを楽しみながら、みんなが幸せになれる仕組みです。

 

 

 

アトリエfuwari(ORGANIC)

fuwari

アトリエfuwariは誰も傷つけず土に還せる地球にも人にも優しい服作りをしているエシカルブランドです。製造拠点のタイでは、オーガニックコットン、リネン、ヘンプなどの天然素材を使い、伝統技術を守るためオーガニックコットンの手紡ぎ、手織りの布や山岳民族の布、刺繍、古布を取り入れた手仕事のアイテムも販売しています。

 

 

 

NADENA(UPCYCLE)

Print

NADENA(ナデナ)は、エクアドルの首都キトで活動する児童労働に直面した子供達を支援するNGO、CENTとの連携により誕生した、古紙のコラージュによるアップサイクルアクセサリープロジェクトです。NGOの支援を受ける児童のお母さん達が雑誌、書籍、地図、オフィスペーパーなどのリサイクル素材を使ってつくったハンドメイドアイテムを展開しています。

 

 

Green Down Project(SUSTAINABLE MATERIAL)

rooms用説明パネル

Green Down Project(グリーン・ダウン・プロジェクト)は、ゴミとして捨てられるのが当たり前となっている羽毛製品を「循環資源」として回収し、高品質な再生羽毛として再び製品にするための「羽毛循環システム」の構築を行っているプロジェクトです。パートナーとなる企業や自治体と協働し回収や製品化を進め、その過程において障がいのある人々の就労機会を生み出し、品質基準の設定や管理、生活者への周知・啓発といった活動を行っています。

 

SEEDS BY PHUHIEP(LOCAL MADE)

SEEDSBYPHUHIEP

SEEDS BY PHUHIEP(シーズ・バイ・フーヒップ)は、ベトナムの子供達の未来を、ファッションアイテムで応援するアクセサリーブランドです。作っているのは人身売買などのリスクに直面した若い女性達。職業訓練を経た彼女達が、ペトナムの古都フエにあるアトリエでひとつひとつ丁寧に手作業で仕上げたアクセサリーを販売しています。

 

 

R ethical(SOCIAL PROJECT)

RethicalR ethical(アール・エシカル)は、K18YG×カラーストーンの光と艶で、ポリシーのある女性の美しさをより引き立てる代官山発のジュエリーブランド。素材には、公正な国際貿易によって取引されたフェアマインド認証ゴールドを用いています。財団など非営利団体とのコラボレーションも多く、動物・人・自然の共生をメッセージにしたアクセサリーも展開しています。

 

 


 

ヘッドピースコラボ アーティスト

Capture d’écran 2017-02-11 à 1.54.50 PM              芝辻ペラン詩子

武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡英。美大のアニメーションコー スを終了後、現地のアニメーションスタジオでインターンののち 帰国。BLYTHE という大人向け着せ替え人形のプロモーション映像 制作に携わる。現在は東京郊外の府中にある一軒家で artist-run- space merdre メルドルを運営。メディア、サウンドアート、イン スタレーションからイラストレーション、手作りファッション雑貨 まで幅広く扱うアートスペースとして親しまれている。2016 年よ り地域に根ざした芸術活動をと、暮らしと表現の芸術祭 フェット FUCHU TOKYO を立ち上げた。作家としては動くおもちゃ「人間ドッ グ」のシリーズで知られ、ROOMS21 にて招待出展している。

<文:大嶋結衣>

 

【名称】 rooms34

【日時】  2017年2月15日(水)〜2月17日(金) AM10:00~PM6:00

【会場】  国立代々木競技場第一体育館 エシカルゾーン内 E-22 (〒150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1)

【参加ブランド】ピープル・ツリー/ アトリエfuwari /NADENA/ Green Down Project / marimomen/ SEEDS BY PHUHIEP/ VEGANIE/ elementum/ R ethical

【展示会主催】アッシュ・ペー・フランス株式会社