エコガールズなおの「おしゃれじゃなきゃ意味がない!」No.6

HASUNA 表参道本店オープニングパーティに行ってきました!


11月21日(木)、エシカルジュエリーブランド「HASUNA(ハスナ)」の新しい表参道本店のオープニングパーティーにおじゃましてきました! 南青山から表参道へ。新しいフラッグシップショップが登場しました。

写真提供:HASUNA

写真提供:HASUNA

HASUNAが考えるエシカルとは、「人や社会・環境のさまざまな問題をケアすること」であり、人や社会、自然環境に配慮したジュエリーを「エシカルジュエリー」と呼んでいるそうです。HASUNAの代表・白木夏子さんにお目にかかるのは3回目。毎回お話を聞かせていただいて「鏡に映る美しさだけでなく、考え方、生き方の美しさを大切にする」「世界中の職人やアーティスト、宝石の生産者たちが笑顔でいられる環境作りや自然に配慮した工程を取り入れ、消費者の手にわたり、全ての人が幸せを感じるジュエリーを届けたい」など、一つ一つの言葉が心に残っています。

具体的な取り組みとしては、発展途上国の鉱山労働者や研磨職人の方々と直接、対等な取引をすることにより彼らの生活状況の改善に貢献したり、NGO団体と協力して現地の雇用を求める人々に研磨技術を教えて自立の手助けをしたりしています。それでできたジュエリーが消費者の手にわたり、支払われた代金が現地で働く人たちの生活に還元されるという流れになっています。この話を代表の白木さんはサラッと話されますが、きっと私たちが想像もできないようなコミュニケーションが繰り広げられ、取り組んでいることは間違いないと思います。

HASUNAの3つのコレクション

パーティーで展示されていたジュエリーも着けさせていただきました。HASUNAでは、「Voyage(ボヤージュ)」「bijoux(ビジュー)」「AIMÉE(エメ)」と、それぞれのコンセプトに基づいた3つのコレクションを展開しています。Voyageは、旅をテーマにしたジュエリー。旅先で出会う人、モノ、コト、それらからインスピレーションを受けてデザインされています。私が着けたのは、中米ベリーズ産のウィルクス貝を使用したイヤリング。研磨職人によって磨き上げられて輝きを増し、そして私たちを引き立てます。

bijouxは、天と地をつなぐ蓮をテーマにした18金のジュエリー。私が着けたbijoux fleurシリーズのリングは、蓮の蕾をモチーフにオリジナルカットを施したクオーツが特徴的。手元を瑞々しく輝かせます。

AIMÉEは、結婚指輪や婚約指輪などのアニバーサリージュエリーライン。私が着けたのは結婚指輪! 「永遠の愛なんてない」なんて言わせないーーそんな魔法のジュエリー。私の未来もこのジュエリーで決まり! 逆プロポーズもアリな時代では?

ecogirl-hasuna

(上段・左)bijoux fleur リングを付けてみました、(上段・中央)Voyage Terre ルチェリング、(右)Voyage Terre リュクスピアス ブラックをトライ!(下段・左)3コレクション全て見ることができました♪(下段・中央)2013 Voyage 秋冬のコレクション『コンジェラシオン』シリーズ

それぞれ付けさせていただきましたが、とてもしなやかですぐに私の一部になり輝いてくれました。ただジュエリーが美しいだけでなく、その輝きの中には、多くの人たちの不純ない行動があり、それが美しさを際立たせているのです。

それって素敵なこと! エシカルジュエリーは、本当に作り手も買い手にも笑顔を与えてそして未来を輝かせるジュエリーだと思いました。いつか、世界にある全てのものがエシカルになれば、世界中が平等に笑顔溢れる世界になるのではないかと私は思います。HASUNAの傷一つないジュエリーが、多くの人に語り継がれるように、私は記事にして発信していきます!

美しいものは正しい

「美しいものは正しい」この言葉が、HASUNAさんにはぴったりの言葉です。
ecogirl-hasuna02
安全地帯の「清く正しく美しく」の最後のこの一節。世界が清く正しく美しくなれば、世界が一つになってみんなが笑顔になれる、という私の願いです。

清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
ぼくらは一つになれる
いつか一つになれる

Subscribe

この記事の続きをお読みになるには、無料会員登録をしていただく必要があります。
You have to subscribe (free) to read the full article.